日本の天才コンビ共鳴 「左足アシスト、左足ゴール」トリック弾の衝撃再び「大空翼」

2000年アジアカップ当時の中村俊輔(左)と名波浩【写真:Getty Images】
2000年アジアカップ当時の中村俊輔(左)と名波浩【写真:Getty Images】

2000年アジアカップ、中村×名波の連係から生まれたスーパーゴールに再脚光

 日本サッカー史を彩る数々のスーパーゴールがこれまでに生まれたが、天才レフティーコンビが見事に共鳴した一撃は今も色褪せていない。アジアカップ公式インスタグラムが1本の動画を公開し、「日本代表が素晴らしいほど機能したフリーキック」と絶賛している。

 アジアカップ公式が取り上げたのは、フィリップ・トルシエ体制の日本代表が地元開催の1992年大会以来2度目の優勝を果たした2000年アジアカップの一戦だ。準々決勝でイラクと対戦。そして前半7分に日本のレフティーコンビ、MF中村俊輔(横浜FC)とMF名波浩が魅せる。

 相手ペナルティーエリア右付近で日本がFKを獲得。中村がキッカーを務め、ゴール前に蹴ると見せかけながら、左足でエリア外に正確な浮き球を送った。相手が全くノーマークだった名波が後方から走り込み、左足ボレーでネットを揺らしている。

 最終的に日本が4-1と勝利。そのまま勝ち上がった日本が大会を制している。アジアカップ公式インスタグラムは、「2000年アジア杯、日本代表の素晴らしいほど機能したフリーキック」と記して、ゴール映像を公開。海外のファンから「大空翼」「左足アシスト、左足ゴール」と賛辞が送られている。

 相手の裏を突くトリックと天才コンビの卓越したスキル。それらが見事に融合した一撃はいつまでも語り継がれるに違いない。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」