久しぶりのユニ姿! 宮市亮、現地メディアも高評価のブンデス”再開戦”ショットを公開

ザンクト・パウリMF宮市亮【写真:Getty Images】
ザンクト・パウリMF宮市亮【写真:Getty Images】

再開となったニュルンベルク戦に先発した宮市亮が公式インスタグラムを更新

 ドイツ2部ザンクト・パウリに所属する元日本代表FW宮市亮が自身の公式インスタグラムを更新した。現地時間17日に行われた第26節ニュルンベルク戦(1-0)で勝利に貢献し、ブンデスリーガの再開を報告。ドイツメディアも高評価を与えるなか、大きな一歩に手応えを得ている。

 ドイツ・ブンデスリーガは現地時間16日に新型コロナウイルスによって中断したサッカー界において、ヨーロッパ主要リーグの中でいち早く再開した。コロナ禍における様々な感染予防対策など話題となっている。

 そんななか、2部のザンクト・パウリに所属する宮市もホームでニュルンベルクと対戦。今季リーグ全25試合に出場していた宮市は、この日も先発出場した。チームは終盤の後半39分に途中出場のスウェーデン人FWビクトル・ギョケレスが先制点を奪い、この1点を守り切ってザンクト・パウリが勝利を収めた。

 ドイツ誌「キッカー」の採点(1が最高、6が最低)では、宮市はチーム最高タイの「2.5」が与えられており、高評価を受けた。そんななか、自身は公式インスタグラムを更新。「ブンデスリーガ再開! 勝利」と、スタイリッシュなユニフォーム姿の写真とともに綴られている。

 今回は得点にならなかったが、ファンからは「ゴール楽しみにしています」「動いている宮市くん、久しぶりに見た」とエールが送られた。宮市にとっては、大きな一歩となったようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング