宿敵に勝利も… ドルトムント監督、無観客下の“圧勝劇”に本音吐露「ファンが恋しいよ」

観客のいないスタジアムで指揮するドルトムントのファブレ監督(中央)【写真:Getty Images】
観客のいないスタジアムで指揮するドルトムントのファブレ監督(中央)【写真:Getty Images】

ファブレ監督、「レヴィア・ダービー」勝利に選手称賛も…試合の雰囲気に違和感

 ドルトムントはブンデスリーガ再開初戦となった16日のシャルケ戦で4-0と快勝したが、その勝利はどこか虚しさが残るものになったようだ。指揮官のルシアン・ファブレ監督は「ゴールが決まっても何も起こらなかった。とても奇妙な感じだった」と、無観客で行われた試合に対する本音を明かしている。英紙「デイリー・メール」が報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 普段なら満員のドルトムントファンが黄色い壁を作り出すスタンドは空っぽで、選手や監督の声がこだまするジグナル・イドゥナ・パルクで約2カ月ぶりにリーグ戦が行われた。

 宿敵シャルケとの「レヴィア・ダービー」に臨んだドルトムントは、前半29分にノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドが右クロスを左足で上手く流し込んで先制。さらにポルトガル代表DFラファエル・ゲレイロの2得点とベルギー代表MFトルガン・アザールの得点で引き離し、4得点のゴールラッシュで圧勝。首位バイエルン・ミュンヘンとの勝ち点差を暫定的ながら1ポイントに縮めた。

 再開初戦で白星を飾ったドルトムントだが、チームを率いるファブレ監督は奇妙な試合だったと振り返っている。サポーターのいない空っぽのスタジアムでの試合は、普段とは異なる感情を引き起こすことになったようだ。

「シュートを打っても、パスが通っても、ゴールが決まっても何も起こらなかった。とても、とても奇妙な感じだった。ファンが恋しいよ。

 普段とは全く異なるゲームだった。どれだけ良いものだったかをジャッジするのは難しい。プランどおりにコミットできなかったように感じた。選手たちは自分たちのタスクに集中していた」

 試合の雰囲気には違和感を覚えていた一方で、ファブレ監督は選手たちのパフォーマンスを高く評価しており、「シャルケ相手の4-0は素晴らしい。守備も含め、鍵になったのはチームが一つになってプレーしたこと。スペシャルだった」と称賛の言葉を並べていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  4. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  5. 「史上最悪だ」 まさかのミス発覚…アーセナル10番MFの衝撃タトゥーに英反響「なんてことだ」

  6. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  7. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  8. 相手に蹴り→一発退場→解雇の衝撃拡大 広州DFの処遇に中国人記者見解「報復キックはかなり一般的」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」