元日本代表FW巻、医療従事者らに“感謝”の2400個プレゼント 「女性の皆さんに…」

やり方を慎重に検討 「物的な支援をすれば終わり、とは思わない」

 新型コロナウイルスの感染が拡大した今回も、早くからボランティアの道を探っていた。ただ、多くの人々が必要とする物資の流通を、個人的な人脈の中に偏らせてしまう形にならないように、慎重にやり方を検討した。

 巻は「こういうことは、物的な支援をすれば終わり、とは思わない。支援を通して、皆さんがどういうことを大変だと感じているのか、教えていただくことこそが大事なように思います」とも言う。

 今回のプレゼント提供を通して、医療従事者や市の職員自身にも家族がいて、コロナ対策の最前線に立つことには大きな不安が伴うことも聞いた。「震災もそうでしたが、支援をする側の人も被災者であり、ウイルスの脅威にさらされている人というのが、すごく難しいところだと思います」としみじみと語る。

「最前線で頑張られてる皆さんのために僕らができることは、できるだけコロナウイルスに感染しないよう、各々が対策を取ることだと思います」

 新たな感染者が減り、この週末はスーパーマーケットを訪れる人々が増えた印象もあるなか、巻は改めて感染拡大を防ぐ行動を続けることを誓っていた。

(Football ZONE web編集部)


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング