フランス1部・2部がリーグ再開断念 9月までスポーツイベント開催中止に伴い打ち切り

新型コロナ感染拡大を受け、リーグ・アンは打ち切りが決定【写真:Getty Images】
新型コロナ感染拡大を受け、リーグ・アンは打ち切りが決定【写真:Getty Images】

今季フランスでは酒井宏樹、川島永嗣がプレーも再開断念と英公共放送「BBC」が報道

 フランスのプロサッカーリーグ1部のリーグ・アンと2部リーグ・ドゥは今シーズンの再開を断念し、打ち切りが決まった。英公共放送「BBC」が報じている。

 国内でのロックダウン(都市封鎖)が続くフランスでは、3月13日からリーグ・アン、リーグ・ドゥともに延期が決定。先週には6月17日までに再開し、7月25日までにシーズンの完了を目指すプランが報じられていた。

 しかし、現地時間28日午後にフランスのエドゥアール・フィリップ首相が今年9月まで国内でのあらゆるスポーツイベントの開催を中止すると発表。これによりリーグ・アンとリーグ・ドゥは再開されないことが決まった。

 フランスは欧州の中でも新型コロナウイルスの感染規模が大きく、27日までに感染者数は13万人に迫るまでとなり、死者数も2万3000人を超えた。こうした状況下では、サッカーを含めたスポーツイベントの再開は断念せざるを得なかったようだ。

 フランスでは今季、日本代表DF酒井宏樹(マルセイユ)やGK川島永嗣(ストラスブール)がプレーしていた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング