“本家”も降参? 浦和DF槙野智章、芸人顔負けの珍テーブルクロス引きに爆笑の嵐

浦和レッズDF槙野智章【写真:Getty Images】
浦和レッズDF槙野智章【写真:Getty Images】

槙野智章が公式TikTokをスタート

 浦和レッズの日本代表DF槙野智章が公式TikTokを更新した。「#槙野チャレンジ」とハッシュタグで綴り、“おもしろ”テーブルクロス引きを複数披露。お笑い芸人やファンから大反響を集めている。

 現在、新型コロナウイルスの多大な影響を受け、世界中でリーグ戦が中断中。4月7日には、政府から5月6日まで緊急事態宣言が出されており、Jリーグの再開時期も流動的となっている。各クラブ活動を停止するなど自宅待機する状況が続いているなか、槙野は積極的にSNSを更新し、日本代表や浦和などチームメイトの“秘蔵動画”を公開してファンを盛り上げている。

 現在も苦しい状況が続くなか、槙野は27日に公式TikTokをスタート。ハッシュタグで「#槙野チャレンジ」として、テーブルクロス引きに挑戦した。「#動体視力を鍛えながらテーブルクロス引きチャレンジ」と題した動画では、頭にバンドを巻き、バンドから紐につながれたボールをパンチし続ける。動体視力を鍛えるため目はボールを追っているが、足は徐々にテーブルクロスへ……。足の指でクロスを掴み、一気に引くも惜しくも皿やフォーク、スプーンが落ちてしまった。

 一方で「#座ってリフティングしながらテーブルクロス引きチャレンジ」では椅子に座りながらリフティングを披露。そのまま片方の足の指でクロスを引いたが、こちらでも皿は推してしまい失敗となった。

 足の指を利用したユニークな“テーブルクロス引き”に槙野のSNSへは「お笑いやんw」「それは予想してなかったw」「ナイスチャレンジすぎる‼︎」「最高すぎるよ」「発想が面白すぎる(笑)やっぱりそーなるか!」など多くの絶賛の声が寄せられた。また、お笑い芸人あばれる君からも「笑ってしまいました」と“降伏”のコメントが届いた。

 これまでもさまざまなチャレンジを公開してきた槙野だが、再びおうち時間を充実させようと工夫を凝らしているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング