「リーグ優勝も可能?」 買収話浮上のニューカッスル、大型補強の“新布陣”を現地予想

買収話浮上のニューカッスルが大型補強を行うと予想【写真:Getty Images】
買収話浮上のニューカッスルが大型補強を行うと予想【写真:Getty Images】

資金面の後ろ盾を得る可能性が高まり、ベイルやビダルらが補強候補に浮上

 プレミアリーグに新たな金満クラブが誕生しようとしてる。日本代表FW武藤嘉紀の所属するニューカッスル・ユナイテッドはサウジアラビアの投資ファンドによる買収話が浮上し、早くも選手の大型補強の噂まで過熱。スペイン紙「マルカ」では「ニューカッスルのスーパースターチーム」と題して、豪華布陣誕生の行方に注目した。

 ニューカッスルは2007年からマイク・アシュリー会長がクラブを保有しているが、サウジアラビアの投資ファンド「PCP Capital Partners」への売却の可能性が浮上。すでに合意に達し、リーグの承認を残すのみとも伝えられている。売却額は3億ポンド(約400億円)とも言われ、クラブは資金面で大きな後ろ盾を得ようとしている。

 “金満クラブ”化が進むニューカッスルには、早くも大型補強の噂が次から次へと報道されている。その中にはレアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルやパリ・サンジェルマンのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニといった名前も含まれている。

「マルカ」紙はすでに噂に挙がっている選手を加えた“新生ニューカッスル”の夢の布陣を選出。「プレミアリーグ優勝も可能?」と特集している。

 その顔ぶれは以下の通りだ。※は獲得が噂される選手

<GK>
マルティン・ドゥブラフカ

DF
ハビエル・マンキージョ
フェデリコ・フェルナンデス
ジャマール・ラスセルズ
ダニー・ローズ

MF
※ギャレス・ベイル(レアル・マドリード)
※アルトゥーロ・ビダル(バルセロナ)
※ジョン・マッギン(アストン・ビラ)
アラン・サン=マクシマン

FW
※サロモン・ロンドン(大連一方)
※エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)

 守備陣は現状維持となっているものの、中盤から前には新たにチリ代表MFビダルやスコットランド代表MFマッギン、ベイル、カバーニ、そして昨夏に中国へ移籍したばかりのロンドンを加えた豪華な布陣が誕生している。

 さらに現地メディアではスティーブ・ブルース監督に代わり、前トッテナム指揮官のマウリシオ・ポチェッティーノ氏や前ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ氏招聘の可能性も報じられていた。実現すればプレミアリーグ屈指のスカッドができ上がりそうだが、果たしてニューカッスルがここまでの大変貌を遂げることはあるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング