ベイル、ウェールズ&スペインに1億円超を寄付 病院も声明「努力を認めてくれて嬉しい」

レアルFWギャレス・ベイルがウェールズ&スペインに1億円超を寄付【写真:Getty Images】
レアルFWギャレス・ベイルがウェールズ&スペインに1億円超を寄付【写真:Getty Images】

S・ラモスやイスコ、ハメスらレアルの選手たちが続々と支援活動を実施

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くヨーロッパにおいて、各国クラブに所属するビッグネームは支援の動きを続々と見せている。レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルもその1人で、妻とともに母国ウェールズと現地スペインに総額100万ユーロ(1億1600万円)以上を寄付したと英紙「ガーディアン」などが報じている。

 ベイルはウェールズ大学病院に対して56万9000ユーロ(約6600万円)を寄付。もともと同大学病院とは強いつながりがあり、パンデミックに立ち向かっている医療従事者に対しての支援になればとのことで、ベイルが関わっている支援団体から「ギャレスと(妻の)エマの望みは、この金額がCOVID-19との戦いに使われることだった」と声明が発表された。同病院のエグゼクティブディレクターであるレン・リチャーズ氏も、このように語っている。

「彼らが地元の病院に提供してくれたこと、そして家族や友人が受けたサービスに感謝し、この困難な時期に我々病院がこなしている努力を認めてくれてとても嬉しいです」

 ベイルの支援は母国だけにとどまらず、所属するレアルがあるスペインに対して、マドリードの保険サービスにも50万ユーロ(約5800万円)を寄付する意向だという。

 レアルの選手たちはスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが2万6571枚のマスクや1000枚の防護服を寄付したのをはじめ、スペイン代表MFイスコ、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス、ブラジル代表MFカゼミーロ、クロアチア代表MFルカ・モドリッチといった選手たちも行動に映している。数多くの選手が医療従事者に対して今できる支援を最大限に送っている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング