「なぜ最高のゲームチェンジャーになれない?」 南野の“葛藤”に英注目「成長は最重要」

リバプールMF南野には今後の成長が課題となりそうだ【写真:Getty Images】
リバプールMF南野には今後の成長が課題となりそうだ【写真:Getty Images】

南野の成長に期待「リバプールは1度の好パフォーマンスで気まぐれに獲得したりはしない」

 世界中で感染拡大している新型コロナウイルスの影響により、プレミアリーグを含む欧州主要リーグが中断を余儀なくされている。そんななか、リバプール専門メディアは「南野はなぜリバプール最高のゲームチェンジャーになれていないのか?」と見出しを打ち、思うようにプレーできていない葛藤を取り上げている。

中国で発生した新型コロナウイルスは現在欧州で猛威を振るっており、プレミアリーグも4月30日までの延期が決定。その後の再開も不透明な状況だ。ザルツブルクから加入した南野にとっても、2カ月でリーグとクラブが活動休止となり、適応するうえで手痛い足踏みを強いられている。

 公式戦7試合出場でノーゴールノーアシストの状況が続いている南野だが、リバプール専門メディア「リバプール・コム」は「南野はなぜリバプール最高のゲームチェンジャーになれていないのか?」と特集し、南野が試合の流れを変える切り札の存在になり切れていない現状を取り上げている。

 今季ザルツブルクの一員としてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でリバプールと対戦した際、本拠地アンフィールドで1ゴール1アシストを記録したインパクトに「クロップ監督の頷きと笑顔がすべてだった。アンフィールドは日本代表の10番に照らされたことを確認した」と振り返っている。

 一方、「南野はフィジカルが不足しており、ザルツブルクで溢れていたはずの創造性も欠けているとして、一部のファンからすでに批判の的となっている」と厳しい声が寄せられ始めている現状を伝えたうえで、「サポーターはまだ彼が最適なポジションでの起用を見ていない」と、試行錯誤の段階であると主張している。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング