コウチーニョ、142億円の高額移籍金も“プレミア・カルテット”が興味 「アプローチ仕掛ける」

バルセロナからバイエルンにレンタル移籍中のMFフィリペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】
バルセロナからバイエルンにレンタル移籍中のMFフィリペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】

バルサからバイエルンへ期限付き移籍中 今夏移籍市場の注目株

 バルセロナからバイエルン・ミュンヘンに期限付き移籍しているブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョはこの夏も移籍市場で注目を集める存在となりそうだ。英紙「デイリー・ミラー」は「プレミアリーグのカルテットがアプローチを仕掛ける」と報じ、4つのクラブによる争奪戦の可能性を報じた。

 コウチーニョは2018年1月にリバプールからバルセロナへと移籍するも、適応に苦しみ、レギュラーの座を掴むことはできなかった。再起を図り、昨夏に期限付き移籍でバイエルンへ移籍。インテル、リバプール、バルセロナに続いて、メガクラブでプレーしている。

 バイエルンはコウチーニョの買取オプションを保有しているものの、1億2000万ユーロ(約142億円)と高額で、新たな移籍先を探す可能性がある。そして、ブラジル代表アタッカーはプレミアリーグへの復帰を熱望しているとの報道も出ている。

 そうしたなかで、プレミアリーグのチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、そしてトッテナムという4クラブがコウチーニョの獲得に関心を示していると報じられた。「プレミアリーグのカルテットがアプローチを仕掛ける」とされ、イングランドのトップ4を争うトップクラブによる争奪戦が行われる可能性があるようだ。

 バルセロナでは苦汁をなめたコウチーニョは再びイングランドの地に舞い戻ることになるのか。その決断に注目だ。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング