レアルFWベイル、ミニゴルフコース完備のバーを開店へ 「夜の街で遊ぶ選択肢を…」

レアル・マドリードFWギャレス・ベイル【写真:Getty Images】
レアル・マドリードFWギャレス・ベイル【写真:Getty Images】

母国ウェールズの首都カーディフに出店予定 大好きなゴルフにちなみ店名は「Par 59」

 レアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルは、すでにサッカー選手以外のビジネスにも精力的な動きを見せている。スペイン紙「AS」によれば、母国ウェールズで「Par 59」という大好きなゴルフにちなんだ名前のバーをオープンするという。

「ギャレス・ベイルはすでにレアル・マドリード後の人生を計画している」

 スペイン紙「AS」ではこのような見出しで、ベイルが新たなビジネスを展開すると報じている。

 ベイルはすでにスポーツバー「Elevens」を保有しているが、今後さらに飲食業界でのビジネスを拡大するつもりのようだ。

 記事によれば、今度はウェールズの首都カーディフにバーレストラン「Par 59」をオープンさせるという。ベイルは大のゴルフ好きで知られるだけに、名前もゴルフ用語にちなんだもので、さらにレストラン内にミニゴルフコースが設けられるとも伝えられている。

 ベイルはこのビジネス展開について「僕はいつもフットボールに集中していて、あまり外に遊びに出かけたりはしない。『Par 59』のようなビジネスをすることで、外出するのが好きな人たちと社会的に交流できると考えたんだ」とコメント。「ただ酔っ払うというだけではなく、夜の街で遊ぶ選択肢を提供したい」と今後の展望を明かしている。

 現在はサッカーに集中しているというベイルだが、ホテル事業などを手掛けるポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)のように実業家としての成功も夢見ているようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング