「まじか!」 なでしこコンビ、女子バスケ“無観客開催”に驚嘆「中止やと思ってた」

スカイ・ブルーFCのFW川澄奈穂美と慶州韓国水力原子力FCのDF田中明日菜(写真はなでしこジャパンの時のもの)【写真:Getty Images】
スカイ・ブルーFCのFW川澄奈穂美と慶州韓国水力原子力FCのDF田中明日菜(写真はなでしこジャパンの時のもの)【写真:Getty Images】

バスケ女子リーグが短縮日程の無観客で実施へ、FW川澄やDF田中がSNSで反応

 バスケットボール女子のWリーグは13日、新型コロナウイルス拡大を受けてプレーオフ開催期間を短縮し、無観客で実施すると発表した。FW川澄奈穂美(スカイ・ブルーFC)とDF田中明日菜(慶州韓国水力原子力FC)の元なでしこジャパン(日本女子サッカー代表)コンビが「やるんだ!」「まじか!」と驚きを露わにしている。

 バスケ女子のWリーグは13日、「新型コロナウイルス感染症の情勢を鑑みまして、第21回Wリーグプレーオフは、すべての試合を無観客とし、3月28日〜4月5日の短縮日程にて開催することを決定いたしました」と発表。日本女子バスケ代表の渡嘉敷来夢(JX-ENEOSサンフラワーズ)が自身のツイッターでWリーグの発表を引用しつつ、「#手洗い #うがい #健康第一」とハッシュタグを添えていた。

 渡嘉敷の投稿を受けて、先日渡米したばかりの川澄が反応。コメント欄で「やるんだ!すごいね」と友人に対してメッセージを送りつつ、マスク顔の絵文字とともに「気を付けてね(気を付けようにも限界があるからみんな自粛とかしてると思うんだけどさ でも気を付けてね)」と心配な気持ちを素直に綴った。渡嘉敷は「夕方のスポーツ情報のニュースにWリーグの事は出てこなかったけど。笑」と返信し、さらに「おーい。無観客でやるんだぞー!!ニュースにならないのかー!!って思ったよ笑」と続けている。

 また田中も自身のツイッターで驚愕した様子を見せ、「世界中で中止やから女子バスケも普通に中止やと思ってたわ!! やるんか! まじか! 気をつけてや」と言及。渡嘉敷は「ありがとう やるからには絶対勝って優勝するから 明日菜も気を付けてね」とメッセージを送っている。

 日本サッカー界ではJリーグやなでしこリーグが3月中の開催を見送っているなか、バスケ女子リーグの発表に驚きが広がっているようだ。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング