ライプツィヒ、日本人追い出しで“謝罪会合” 迅速行動ショットに独称賛「早かった!」

ライプツィヒのホームスタジアムで日本人客が追い出される騒動が起きた(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
ライプツィヒのホームスタジアムで日本人客が追い出される騒動が起きた(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

新型コロナ感染の疑いから、現地観戦の日本人客が追い出される騒動が発生

 ドイツ1部RBライプツィヒは、1日のブンデスリーガ第24節でレバークーゼンと対戦し、ホームで1-1と引き分けた。この試合で日本人客が新型コロナウイルス感染の疑いによりスタジアムを追い出された騒動が起き、クラブが正式に声明を発表。翌日にすぐさま日本人関係者を招待して“謝罪会合”の場を設けた1枚の写真を公開し、独メディアは「早かった!」と迅速な対応を称賛している。

 問題となっているのは、ライプツィヒの本拠地レッドブル・アレナで行われたレバークーゼン戦で起きた出来事だ。日本人グループが現地観戦に訪れたなか、世界で猛威を振るう新型コロナウイルス感染の可能性があるとして、試合開始から前半15分の段階でクラブ側がスタジアムから追放して話題となっていた。

 ライプツィヒ側は「警備スタッフが懸念から日本人のゲストに対し、誤った判断を下してしまった」と説明。さらに「起こしてしまった過ちを謝罪し、賠償をさせていただきたい」と正式に謝罪声明を発表していた。

 クラブはすぐさま日本人グループにコンタクトを取り、謝罪の場を設けたようだ。クラブは公式サイトで「私たちは、彼らを招待し、そして何が起こったかを心から謝罪した」と言及。クラブと日本人グループの関係者が会食している写真を掲載している。

 ドイツ紙「ビルト」は「新型コロナの恐怖によりスタジアムから追い出した後、ライプツィヒは日本ファンに謝罪」と報道。「日曜日にレバークーゼンとの試合でレッドブル・アリーナから日本ファンを追い出した後、月曜日の夜に直接謝罪した」と伝え、さらに「会合で誤解を解消した」と続けている。クラブ側の迅速な対応を受けて、独紙は「早かった!」と称賛の言葉を送っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング