神戸FW古橋亨梧、プロ入りへ転機となった“母の言葉” 「何やってんねんやろって思った」

ヴィッセル神戸でプレーする日本代表FW古橋亨梧【写真:Football ZONE web】
ヴィッセル神戸でプレーする日本代表FW古橋亨梧【写真:Football ZONE web】

【インタビュー|第2回】神戸のスピードスターも昔は「足が遅かった」

【インタビュー第1回|エース襲名へノルマは?】

 Jリーグの2020年シーズンが幕を開けた。今季の注目選手の1人であるヴィッセル神戸の日本代表FW古橋亨梧は、新シーズンも絶好のスタートを切っている。横浜F・マリノスとの富士ゼロックス・スーパーカップ(8日/3-3・PK3-2)と、初出場のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2試合でゴールを挙げて、公式戦3戦連発中。昨季J1の舞台で“覚醒”した25歳のスピードスターは、新シーズンを迎えるにあたって過去から未来までの心境を明かした。第2回は「覚醒に至るまでの道のり」について――。

 今季J1の顔としての活躍が期待される古橋は、公式戦3試合連続ゴールでチームを3連勝に導く最高のスタートを切った。前年度のリーグ王者と天皇杯覇者が激突するシーズン最初の試合「富士ゼロックス・スーパーカップ」。1-1で迎えた前半40分、敵陣深くで相手のパスをカットした古橋は、GKが飛び出している状況を見逃さず、素早くシュート。コロコロと転がったボールはゆっくりとゴールに吸い込まれて、一時勝ち越しとなるゴールをマークした。ACLでも、クラブにとっても古橋にとってもアジア初挑戦となったホームのジョホール・ダルル・タクジム戦(12日/5-1)と、敵地の水原三星戦(19日/1-0)でゴールを決めている。

 奈良県生駒市で生まれた古橋は、幼い頃「足が遅かった」という。だが、「同じアパートに住んでいた男の子がいつも自分のことを追いかけてたらしくて……。それで、気付いたら僕のほうが速くなって僕が追いかけていた(笑)」と、いつの間にか“足”が武器になった。スピードを武器に大阪の強豪・興国高校に進学。サッカー部へ入学し、当時はドリブラーとして1年時からレギュラーに定着した。

「高校の3年間ではいろいろ厳しいことも言われましたし、でも1年から試合に使ってもらえました。ドリブルで上手くいかない時もすごく怒られましたし、シュートやパスをずらしたら怒られて……いろいろ怒られました」

 興国高校で隣のクラスには、リバプールの日本代表MF南野拓実がいた。「あまり関わりがない」というが、「世代別代表にも入ってましたし、高校の監督があいつは凄いってずっと言っていた」。セレッソ大阪のユースに入り、注目を浴びていた南野や、プロへの道を歩んだサッカー部の仲間らが刺激となり、高校時代に“サッカー選手”となることを意識し始める。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング