「いくのは当たり前」 神戸FW古橋亨梧、エース襲名へノルマは“得点王”の「15」

ヴィッセル神戸でプレーする日本代表FW古橋亨梧【写真:Football ZONE web】
ヴィッセル神戸でプレーする日本代表FW古橋亨梧【写真:Football ZONE web】

【インタビュー|第1回】今季はすでに公式戦3試合連続ゴール中 「まだ始まったばかり」

【インタビュー第2回|昔は「足が遅かった」】

 Jリーグの2020年シーズンが幕を開けた。今季の注目選手の1人であるヴィッセル神戸の日本代表FW古橋亨梧は、新シーズンも絶好のスタートを切っている。横浜F・マリノスとの富士ゼロックス・スーパーカップ(8日/3-3・PK3-2)と、初出場のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2試合でゴールを挙げて、公式戦3戦連発中。昨季J1の舞台で“覚醒”した25歳のスピードスターは、新シーズンを迎えるにあたってインタビューに応じ、過去から未来まで心境を明かした。第1回は「エース候補として迎える今季」について――。

 今年もこの男から目が離せない。向かう先はゴールのみ。すでに古橋は公式戦3試合連続ゴールで、チームを3連勝に導いている。まずは、リーグ王者と天皇杯覇者が激突するシーズン最初の試合「富士ゼロックス・スーパーカップ」。1-1で迎えた前半40分、敵陣深くで相手のパスをカットした古橋は、GKが飛び出している状況を見逃さず、素早くシュート。コロコロと転がったボールはゆっくりとゴールに吸い込まれて、一時勝ち越しとなるゴールをマークした。

 そして、元日の天皇杯優勝によって出場権を得たACLでも魅せた。クラブにとっても古橋にとっても、アジア初挑戦となったホームでのジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)戦(12日)では、1-1に追いつかれた直後、右サイドのDF西大伍から供給された鋭い前線のパスに反応し、ダイレクトで右足を振り抜いた。鮮やかな勝ち越しゴールで5-1の勝利に貢献。さらに、敵地の水原三星戦(19日)では0-0の後半アディショナルタイムに元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタからDF酒井高徳へ渡り、ふわりと上げられた左クロスに飛び込んで右足を合わせた。劇的弾でチームを2連勝へと導き、自身は新シーズンを公式戦3戦連発という最高の形でスタートしている。

「(ACLは)楽しかったですし、Jリーグでは味わえない雰囲気を味わえたので、すごくいい経験になりました。でも、まだ始まったばかり。いいスタートを切れましたし、一戦目ホームで迎えたのが大きかった。(去年で)少なからず自信も持てましたし、何人か抜けちゃった選手もいますけど、また新たに入ってきた選手もいますし、まだ完成度の面は低いと思いますけど、徐々に上がってくるし、それでもこれだけ結果も残せているのでいいのかなと思います」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング