メッシでもC・ロナウドでもなく… 19歳神童ハーランドが憧れる“意外な選手”とは?

ドルトムントFWアーリング・ブラウト・ハーランド【写真:Getty Images】
ドルトムントFWアーリング・ブラウト・ハーランド【写真:Getty Images】

スウォンジーで活躍したミチュが幼少期のアイドル

 ノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドは現地時間18日、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16第1戦パリ・サンジェルマン(PSG)戦(2-1)で圧巻の2ゴールを決め、勝利の立役者となった。サッカー界の“時の人”となっているハーランドが憧れていた選手は誰か。その意外な人選を英メディアが取り上げている。

 今冬に移籍金2000万ユーロ(約24億円)でザルツブルクからドルトムントに加入したハーランドは現地時間1月18日に行われたブンデスリーガ第18節アウクスブルク戦(5-3)で新天地デビューを果たし、いきなりハットトリックを達成した。その後も得点を重ね、リーグ戦5試合8ゴールを記録している。

 PSG戦でも強烈なミドル弾を含めた全2ゴールを叩き出し、世界に衝撃を与えた。19歳ながら“時の人”となったが、英メディア「スポーツ・バイブル」はハーランドが幼少期に憧れていた選手について取り上げている。

「彼はイギリスのリーズで生まれ、5歳児の立ち幅跳びで世界記録を保持しており、2006年に163cmを記録した」と子どもの頃から驚異的な身体能力を発揮していたことを紹介。アイドルとしてイブラヒモビッチやロナウドが挙げられていたが、「ミチュ以上の存在はいない」と、元スペイン代表FWミチュの名を挙げている。

 2017年に現役引退したミチュ氏は、かつてスウォンジーで活躍。ハーランドは自身の写真にミチュをタグ付けするほどの大ファンぶりだったと伝えており、このことについてミチュは「名誉なことだ。彼は世界最高の選手になるだろうから」と喜びの意を示していた。

 世代的にはバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを挙げる若者が大半だろうが、ハーランドはミチュを尊敬の眼差しで見ていたようだ。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング