浦和DF鈴木、VARハンド認定のPK献上シーンに海外衝撃 「彼は手ですくい上げた!」

VAR判定によりハンドの反則を取られた浦和DF鈴木大輔(後方)【写真:Getty Images】
VAR判定によりハンドの反則を取られた浦和DF鈴木大輔(後方)【写真:Getty Images】

J1リーグ開幕戦で湘南に3-2勝利も…後半途中にPKを献上した鈴木のプレーに脚光

 2020年のJ1リーグ開幕戦が21日に行われ、浦和レッズが湘南ベルマーレに敵地で3-2と勝利した。後半途中に浦和DF鈴木大輔が自陣エリア内でハンドを犯し、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)によりハンド判定でPKを献上。このシーンをピックアップしたオーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」が「手ですくい上げた」と驚きをもって報じている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 試合は前半7分、湘南MF鈴木冬一のクロスからFW石原直樹がヘディングで合わせて先制弾。それでも浦和は前半39分、DF山中亮輔のパスに抜け出したMF汰木康也が中央にクロスを送り、FW興梠慎三が同点ゴールを奪って1-1の振り出しに戻した。さらに同42分、CKの流れからFWレオナルドがゴールを決めて、浦和が2-1と逆転してハーフタイムを迎えた。

 ところが後半20分、鈴木冬のクロスからMF山田直輝に被弾。2-2と追いつかれたなかで迎えた同24分、浦和DF鈴木が自軍エリア内で相手ともつれ合った際、ボールを手で巻き込むようにしてピッチに戻した。一度プレーが流れたものの、佐藤隆治レフェリーにVARから助言が入り、映像確認により鈴木のハンドと認定され、湘南にPKを献上した。

 J1リーグ戦においてVARチェックによる初の判定変更となったが、これを湘南が外して事なきを得た浦和は、同40分にMF関根貴大が決勝ゴールを決めて浦和が3-2と開幕戦勝利を手にした。

 オーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」公式ツイッターは、鈴木が献上したPKシーンに注目。「VARがJリーグに導入され…十分に公平だった」と記し、「彼は手でボールをすくい上げた!」と決定的瞬間も紹介している。浦和は最終的に勝利したが、VARによる鈴木のPK献上シーンは注目の的となっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」