「ソン・フンミンのダイブを告発」 “疑惑のPK獲得”に英物議「韓国人の飛び込みを非難」

トッテナムの韓国代表FWソン・フンミン【写真:Getty Images】
トッテナムの韓国代表FWソン・フンミン【写真:Getty Images】

サウサンプトン戦で決勝弾も「ソンがあまりに簡単に倒れたため批判する人が続出」

 トッテナムは現地時間5日、FA杯4回戦の再試合でサウサンプトンと対戦し、3-2と勝利。激しい打ち合いを制したが、終了間際に決勝弾を奪った韓国代表FWソン・フンミンに“ダイブ疑惑”が浮上しており、英メディアは「ソン・フンミンのダイブを告発」と取り上げ、「あまりに簡単に倒れたため批判する人が続出」と指摘している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 1月25日のアウェー戦で1-1と引き分けたため、ホームで再戦が行われた。前半12分にオウンゴールで先制するも、同34分、後半27分に連続失点。それでも同33分にFWルーカス・モウラが同点弾を奪うと、2-2で迎えた同42分、ペナルティーエリア内に抜け出したソン・フンミンが相手GKに倒されPKを獲得した。

 勝敗を占う重要な場面を韓国代表エースが自ら蹴り込み、決勝弾を奪ってみせたが、PK判定を引き寄せた転倒に英メディアでは物議を醸している。英メディア「ソン・フンミンのダイブを告発」と見出しを打ち、「PKを得るためにダイブしたのか? トッテナムはその波に乗じて勝利を掴んだが、物議を醸す状況を呼んでいる」と説明し、「SNS上でも、韓国人の飛び込みが非難されている」と指摘している。

 また、英紙「フットボール・ロンドン」は「リバプール、アーセナル、マンチェスター・ユナイテッドのファンはソン・フンミンがサウサンプトン戦で行ったことに唖然」と取り上げ、「ソンがあまりに簡単に倒れたため批判する人が続出」と綴っている。接触があったのは確かだが、ややオーバーリアクションとなった転倒には懐疑的な目も向けられているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング