南野が「8ヤードから誤射」 サラーから“ギフトパス”もシュートミス…海外メディア辛辣

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

途中出場の南野、サラーからお膳立ても決定機逸「ゴールが手中にあったはずだが…」

 リバプールは現地時間1日、プレミアリーグ第25節でサウサンプトンと対戦し、4-0で完勝を収めた。日本代表MF南野拓実は後半36分に途中出場し、エジプト代表FWモハメド・サラーのパスからゴール前で決定機を迎えるも、シュートはゴール右上の枠外に逸れてしまった。海外メディアは「8ヤードから誤射した」と厳しく指摘している。

 前半はインテンシティーの高い一進一退の激しい攻防が繰り広げられたが、後半に入るとサウサンプトンに疲れの色が見え始め、一方的な試合展開に。カウンターからリバプールが立て続けにゴールを奪い、最終的には大量4ゴールのワンサイドゲームとなった。南野は3-0で迎えた後半36分に、オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムに代わって投入された。

 そして左ウイングに入った南野は、後半41分に決定機を迎える。カウンターからサラーが右サイドを突破。力強いドリブルで相手守備陣を切り裂きペナルティーエリア内に侵入すると、切り返してシュートコースを生み出すも横パスを選択。走り込んだ南野がフリーで右足を振り抜いた。しかしゴール右隅を狙ったシュートは、わずかに枠の外へと逸れていった。

 南野の痛恨シュートミスに、米スポーツ専門局「ESPN」は「ゴールが手中にあったはずだが、どういうわけか8ヤード(約7.3メートル)から誤射した」と厳しく指摘。サラーからの“ギフト”により、移籍後初ゴールが目前に迫っていたものの、ビッグチャンスを棒に振ってしまう結果となった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング