浅野拓磨、リオ五輪世代GKとの“意外な組み合わせ”ショット投稿 「ちょっと熱い話を…」

パルチザンFW浅野拓磨【写真:Getty Images】
パルチザンFW浅野拓磨【写真:Getty Images】

リオ五輪本大会で共闘した柏GK中村航輔との2ショットをSNSで披露

 セルビア1部パルチザンの日本代表FW浅野拓磨が、自身の公式インスタグラムを更新。帰国していた際の“意外な”同世代選手との2ショットを披露している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 浅野は2019年8月、保有権を持つイングランド1部アーセナルからパルチザンへの移籍が決定。期限付き移籍をしていたハノーファー時代の2018-19シーズンにはゴールがなく苦しい時期を過ごしたが、セルビアの地ではここまで公式戦6ゴールを決めるなど、少しずつプレーを取り戻しつつある。

 セルビアは2月中旬にリーグが再開されるため、パルチザンは欧州で調整を行い、2月1日にはカタールのドーハでフレンドリーマッチが開催される。そんななか、浅野はインスタグラムに日本代表GK中村航輔(柏レイソル)との2ショットを投稿した。

「日本にいる時にこの人と会いました。同年代の守護神」

 2人は同じリオデジャネイロ五輪世代で、本大会でも共闘した。中村は多くを語らない寡黙なキャラクターでも知られるが、同級生だからこそ共鳴する部分もあった様子で、「まだまだこれからお互いに頑張ろうというちょっと熱い話をしたという話。意外にも同年代では仲良いほう」と言及。ハッシュタグで「#リオオリンピック」「#同部屋」「#感謝」と綴り、当時のエピソードとともに感謝の言葉を述べている。

 2020年、2人がA代表のピッチで躍動する姿を見られるかも興味深いところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング