南野、ウェストハム戦で先発抜擢へ? “マネ代役”に英紙注目「クロップに問題提起する」

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

シュルーズベリー戦で不発も…マネ欠場なら次節ウェストハム戦でも先発か

 リバプールは現地時間26日、FAカップ4回戦で3部シュルーズベリーと対戦し、主力を温存したチームは格下相手に2-2の引き分けに持ち込まれた。先発出場した日本代表MF南野拓実は本領を発揮できなかったものの、英メディアは「クロップ監督に問題提起していることだろう」と次節のウェストハム戦での先発起用に注目している。

 1月1日付けでリバプールに加入した南野は、5日に行われたFAカップ3回戦エバートン戦(1-0)で公式戦デビューを飾り、23日に行われたリーグ第24節ウォルバーハンプトン戦(2-1)では、前半33分に負傷したセネガル代表FWサディオ・マネと交代し、待望のリーグ戦デビューを飾った。投入と同時に4-4-2へシステム変更され、前半に左サイドハーフ、後半に右サイドハーフに入っていた。

 シュルーズベリー戦では初陣となったエバートン戦と同様、4-3-3システムの最前線に配置された。リバプールは前半15分、後半1分にゴールを奪い2点のリードを得るも、同20分にPKを決められて1点差に詰め寄られると、同30分に同点ゴールを奪われ、3部チーム相手にまさかのドロー。過密日程のなかで、再試合を余儀なくされた。南野自身も存在感を発揮できなかったこともあり、英地元紙「リバプール・エコー」は「南野の難題」と取り上げている。

「シュルーズベリー戦では“偽9番”の役割を務めたが、効果的にリーグ1(3部)の守備陣を相手にライン間を走り、中盤に落ちていた」と持ち味を発揮するよう試みていたと説明した一方、ベルギー代表FWディボック・オリギは「1軍での出場権利を主張するには至らなかった」と不十分な出来であったと指摘している。

「もしマネがウェストハム戦に間に合わなかった場合、誰をピッチに出すのか、(南野とオリギの)両選手はクロップ監督に問題提起していることだろう」と、29日に控えている未消化分のプレミアリーグ第18節ウェストハム戦でユルゲン・クロップ監督がどちらかを先発に抜擢するのか、注目を寄せていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング