ムバッペ、360億円で“リバプール行き”の可能性を仏記者指摘 「非常に魅力的なクラブ」

PSGのキリアン・ムバッペはリバプールという選択肢も入っているのだろうか【写真:Getty Images】
PSGのキリアン・ムバッペはリバプールという選択肢も入っているのだろうか【写真:Getty Images】

将来的なレアル・マドリード移籍の前にプレミアリーグに向かう可能性も?

 パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペは、将来的なレアル・マドリード行きが頻繁に報じられている。しかし、米スポーツ専門局「ESPN」のフランス人ジャーナリスト、ジュリアン・ローレンス記者によれば、ムバッペにはリバプール移籍を検討する可能性もあるという。

 昨季リーグ戦29試合33得点をマークしたムバッペは、バロンドール受賞候補の1人にノミネートされ、最終的には6位入賞。昨年12月にはフランス誌「フランス・フットボール」の選ぶフランス人年間最優秀選手賞を史上初の2年連続受賞するなど、目覚ましい活躍を見せている。

 かねてから、憧れでもある同胞のジネディーヌ・ジダン監督の下でプレーすることを希望しているとされ、レアル行きの可能性が指摘されてきたムバッペ。しかし、ローレンス記者は「ESPN」に対し、プレミアリーグで首位を独走するリバプールがオファーを出せば、ムバッペはイングランド行きも検討するだろうとの持論を展開している。

「非常にシンプルだ。もしリバプールが、PSGが要求している3億ユーロ(約360億円)、または、ボーナス込みで3億5000万ユーロ(約420億円)を支払えれるのなら、そのオファーを提示すればいいだけのこと。もしそれが可能で、かつ、彼の求める給料を捻出できるのならば、彼は1週間毎日そのオファーについて考えるだろうね。なぜなら、もちろんレアル・マドリードは彼の夢で、いつの日かベルナベウでプレーするのは間違いないだろう。でもまだ21歳だ。マドリードに行ってプレーするまでの時間はたくさんある」

 さらに、「事実、彼はいつかプレミアリーグでもプレーしたいと思っている。そして、リバプールは今、一致団結しているし、ユルゲン・クロップ監督のプロジェクトもあり、世界のトッププレイヤーにとって非常に魅力的なクラブだ」とコメント。リバプールが資金され用意できれば、ムバッペが移籍を選ぶ可能性はあるとしている。

 今まさに絶頂期を迎えているリバプールに、ムバッペが向かうことはあるのか。次世代を担うスターの一挙手一投足が注目されている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング