乾貴士、久保建英が春節に“餃子作り” リーガ公開の1枚に反響「メッシは何してるの?」

(左から)MF乾貴士、MF久保建英、FWリオネル・メッシ、FWウー・レイ【写真:Getty Images】
(左から)MF乾貴士、MF久保建英、FWリオネル・メッシ、FWウー・レイ【写真:Getty Images】

中国の“春節”を祝う特別イラストをリーガ公式が公開、選手の人選とポーズが話題に

 中国では24日から旧暦の正月を祝う“春節”の時期に突入したなか、中国代表FWウー・レイ(エスパニョール)がプレーするスペインのリーガ・エスパニョーラ公式インスタグラムが「明けましておめでとう」とメッセージを届けるとともに、1枚の特別イラストを公開した。日本代表MF久保建英(マジョルカ)、MF乾貴士(エイバル)が揃って“餃子作り”に励んでおり、「面白い」と反響を呼んでいる。

 アジア諸国では旧暦の正月を祝う風習があり、中国では春節(24日から31日)のお祝いムードが広がっている。エスパニョールに中国代表FWウー・レイが在籍し、4日の第19節バルセロナ戦(2-2)では劇的な同点ゴールを決めるなど一躍脚光を浴びた。リーガ公式インスタグラムは24日に、「ハッピーチャイニーズ!明けましておめでとう」と祝福メッセージを記し、1枚のイラストを添えている。

 リーガの各クラブに在籍する選手が描かれているなか、ウー・レイとともに同じテーブルで登場するのが久保と乾だ。久保が餃子の下準備をしている一方、乾はウー・レイの肩に手を回して提灯を掲げている。

 コメント欄では「面白い」という声が上がった一方、イラストの中央で大はしゃぎしている様子のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(バルセロナ)に注目が集まり、「メッシは何をしているの?」と不思議がる意見も出ていた。また、レアル・マドリードを代表してベルギー代表GKティボー・クルトワが描かれているが、「(セルヒオ・)ラモスはどこ?」「なぜレアルのフィールド選手が不在?」と疑問が浮上している。

 選ばれた人選に加え、各選手のポーズなども話題となっており、ファンの間で反響を呼んでいるようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング