デビュー南野に「炎の洗礼を授けた」 “マネ問題”の試練を英紙指摘「何かが足りなかった」

リーグ戦デビューしたリバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リーグ戦デビューしたリバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

マネの負傷で緊急投入された南野「ロバートソンとの連携は随所で見られたが…」

 リバプールは現地時間23日、プレミアリーグ第24節でウォルバーハンプトンと対戦し、敵地で2-1と勝利を収めた。セネガル代表FWサディオ・マネが前半で負傷するアクシデントに見舞われ、日本代表MF南野拓実が途中出場でリーグ戦デビューを飾った。英紙は「マネ問題が南野に炎の洗礼を授けたが、何かが足りなかった」と指摘している。

 今季のリバプールは、ここまでリーグ戦無敗(21勝1分)で首位を独走している。1月1日付けで加入した南野は第22節トットナム戦(1-0)、第23節マンチェスター・ユナイテッド戦(2-0)でベンチ入りするも、リーグ戦デビューはお預けとなっていた。しかし、ウルブス戦では思わぬタイミングでその瞬間を迎える。

 前半8分に幸先良く先制するも、同33分にセネガル代表FWサディオ・マネが足を痛め、自ら交代を申し出る事態に。南野はこの緊急事態で声をかけられ、クロップ監督の入念な指示を受けると、ついにプレミアリーグのピッチへ足を踏み入れた。5日のFA杯3回戦エバートン戦(1-0)以来の出場となった南野は最初左に配置されていたが、後半から右サイドハーフのポジションに入れ替わった。

 英地元紙「リバプール・エコー」は「マネ問題が南野に炎の洗礼を授けたが、何かが足りなかった」と見出しを打って報じ、「リバプールは現在、最も危険な選手の離脱の可能性に冷や汗をかいているが、少なくとも南野にはプレミアデビュー戦で予想外に長時間のチャンスが与えられることになった」と説明している。

「左では(スコットランド代表DFアンディ・)ロバートソンとの連携は随所で見られたが、右に入れ替わった際は、より難しい状況となった」とし、「炎の洗礼を受けることになったが、南野の多様性はマネがしばらく離脱する場合、有効な一手となる」と言及している。急遽マネの代役として出場したが、穴埋めするパフォーマンスを発揮できなかったと指摘。それでも過密日程を強いられるシーズン後半戦において重要なピースとなると主張していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング