名将ベンゲル、古巣アーセナルの本拠地移転を悔恨「魂はハイバリーに残したままだ」

かつての本拠地のアーセナル・スタジアムで指揮を執るアーセン・ベンゲル氏【写真:Getty Images】
かつての本拠地のアーセナル・スタジアムで指揮を執るアーセン・ベンゲル氏【写真:Getty Images】

2006年にハイバリーから現本拠地に移転も…「あの雰囲気を再び作り出せていない」

 アーセン・ベンゲル氏が、古巣アーセナルにとって2006年に本拠地スタジアムをハイバリーからエミレーツ・スタジアムに移転したことが大きな転機となったと語った。スタジアム移転でチームの魂が失われてしまったと感じているという。英紙「ロンドン・イブニングスタンダード」が報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 アーセナルの旧本拠地はハイバリー地区にあったアーセナル・スタジアムで、“ハイバリー”の愛称で親しまれた。収容人数は3万8500人で、現在の本拠地であるエミレーツ・スタジアムの収容人数6万432人と比べると非常に少なかったが、ピッチとスタンドの距離が近く、臨場感のあるスタジアムとして人気も高かった。

 建設費4億3000万ポンド(約615億円)をかけたエミレーツ・スタジアムは大型の現代的なスタジアムとなったが、サポーターと一体となるハイバリーのような独特な雰囲気を作り出すことはできていないようだ。新旧両方のスタジアムを知るベンゲル氏は、その変化を強く感じていたという。

「私はアンフィールドとも似ているハイバリーから移転した。あのスタジアムにはソウル(魂)があった。我々は新しいスタジアムを建設したが、我々のソウルを見つけ出すことはできなかった。ソウルはハイバリーに残したままだ。安全面の理由から同じものを再構築することはできないだろう。ピッチとスタンドの距離は大きくなっている。救急車が入るためのスペースが必要だからだ。スタンドの傾斜がより緩やかになったのもそうした理由だ。あの雰囲気を再び作り出すことはできていない」

 ベンゲル氏やハイバリーの雰囲気を懐かしみ、チームの魂は失われたと嘆いた。まだハイバリーが本拠地だった2003-04シーズンを最後にプレミアリーグのタイトルから遠ざかっているアーセナル。新スタジアムでタイトル獲得を成し遂げ、失ったアイデンティティーを取り戻すことができるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」