矢板中央の“想定内”と“誤算” 無念の4強敗退も指揮官が称賛「感動し、驚き、誇らしく…」

矢板中央キャプテン長江皓亮【写真:Noriko NAGANO】
矢板中央キャプテン長江皓亮【写真:Noriko NAGANO】

「赤い壁」が最後の最後に涙、矢板中央が終了間際に失点で4強敗退も「成長できた」

 ゴール前で体を張り続けた「赤い壁」は、最後の最後で涙を呑んだ。第98回全国高校サッカー選手権は11日に準決勝が行われ、矢板中央(栃木)は静岡学園(静岡)の猛攻に耐えながら、後半アディショナルタイムのPKにより0-1で敗れた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 前半から攻め込まれ続けながら、23本のシュートを守り切ってきた矢板中央だったが、勝負を分けた24本目が決勝のPKだった。主将を務めたDF長江皓亮は「監督にも“赤い壁”になれと言われてきて。自分たちでもゴール前では体を張っていこうと話してきたんです」と話す。しかしJ1鹿島内定のドリブラー、MF松村優太の突破に対してMF靍見拳士朗が寄せて体を張ったそのプレーは、無念のPK判定だった。ラストプレーとなったこの1本を決められ、無念の敗退になった。

 大会規定により、同点で後半を終えればPK戦だった。シュート2本と攻撃の糸口がつかめないながら、そこに持ち込めばどうなるか分からない。長江は「PKにできるかなというのがありましたけど、もしかしたらそう思ったこと自体が隙だったのかもしれない」と悔やんだ。

準決勝終了時点でのトーナメント表【画像:Football ZONE web】
準決勝終了時点でのトーナメント表【画像:Football ZONE web】

 それでも、高橋健二監督は、そもそもこの全国の舞台にまで勝ち残ったこと自体が大きな成果だったと語る。というのも、昨年に8強で優勝校の青森山田(青森)に敗れたチームを「メンバーに力があって、日本一を狙えると思っていた」と話した一方で、今年のメンバーについては「ちょっと難しいと。今年は全国に出るのも厳しいと思っていた」という感覚を持っていたからだった。

 キャプテンの長江にとっても、そうした評判は嬉しくはないものだったが「声をしっかり出して、みんなでサッカーをやっていこうと、ここまで来ました。負けた試合の後にも選手だけでミーティングもして、試合を終えるたびに成長できたと思います。みんなでやっていかないと、という1年だったと思います」と、まとまりのある集団になっていったことが、ギリギリの勝負で残ってきた要因なのだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  4. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  5. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  8. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価

  9. 「めちゃかっこいい」 J1鳥栖“限定スニーカー”デザインに絶賛の声、NB社とコラボの1足「配色かわいい」

  10. 「いいなぁこのモデル」 J1鳥栖“限定スニーカー”デザインが話題、NB社製コラボシューズに「配色素晴らしい!」

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」