森島司、ベンチから見たU-23日本代表の“改善点”は? 「相手も慣れていないと思うし…」

U-23代表MF森島司【写真:Football ZONE web】
U-23代表MF森島司【写真:Football ZONE web】

初戦はサウジアラビアに敗戦…森島が考える“課題”は?

 タイで開催中のU-23アジア選手権に参加中の森保一監督率いる日本代表は、初戦のサウジアラビア戦(1-2)から一夜明けた10日、バンコク市内で練習を行った。前日に先発した11人とFW上田綺世(鹿島アントラーズ)は宿舎で調整。12人が約1時間半、汗を流した。激戦区のシャドーでシリア戦(12日)の出場を目指すMF森島司(サンフレッチェ広島)は、手痛い敗戦のサウジアラビア戦を振り返り、ベンチから見た改善点を指摘した。

 バンコクの鋭い日差しのなか、12人の選手は流れを断ち切ろうと練習に励んだ。前日のサウジアラビア戦は先制点を許し、MF食野亮太郎(ハーツ)の一発で追いつくも、終盤にバックパスのミスからPKを献上。痛恨の黒星スタートとなった。守備陣のミスが目立ったものの、攻撃陣の連係も課題は残った。前日は出番のなかった森島は、冷静に改善点を語った。

「コンビネーションは少なかったなと思いますし、(相手が)5バックで難しい展開だったので、仕方がない部分もありますけど、もうちょっと(DFの)裏を狙ったり、ゴールに近づくプレーが必要だったのかなと思います」

 昨年12月、E-1選手権でA代表に代表に初選出され、デビューを飾った森島。いきなりデビュー戦の中国戦(2-1)でFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)の先制点をアシストした。東京五輪世代のシャドー争いはMF久保建英(マジョルカ)やMF堂安律(PSV)ら海外組がひしめき合う激戦区。五輪本番へのメンバー入りを果たすには今大会でのアピールが必至だ。

「次、出ないと始まらない。出たらコンビネーションは自分の特徴なのでチームで出していけたらいいですし、勝たないといけない試合なので攻撃的になると思う。そのなかでも守備でしっかり入って(失点)ゼロで進めるというのは大事なことだなと思います」

 中2日で迎えるシリア戦、敗れればグループリーグ敗退が決まる。崖っぷちに立たされている現状で「もうちょっとワンタッチ(のプレー)とか増やせれば相手もそれに慣れていないと思いますし、自分はそれが特徴。そういうのを狙いたい」と勝利に飢えている。

 “仮想・東京五輪”として臨む今大会。森島にとっても、日本にとってもまず白星をつかみ取ることが最優先だ。

(Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング