英国人記者がU-23日本代表“先発11人”を採点 守備陣に苦言「許しがたい」「致命傷を与えた」

U-23日本代表の評価は…【写真:Getty Images】
U-23日本代表の評価は…【写真:Getty Images】

【GK&DF採点】守備陣は総じて低評価 「大迫のセーブに救われた」場面もあったが…

 東京五輪のアジア最終予選を兼ねたU-23アジア選手権がタイで開催され、U-23日本代表は現地時間9日にサウジアラビアとの初戦に臨み、先制を許すとMF食野亮太郎が同点ゴールを決めたが、試合終盤にPKで決勝点を奪われ1-2で敗れた。かつてアジアサッカー連盟の機関紙「フットボール・アジア」の編集長やPAスポーツ通信のアジア支局長を務め、ワールドカップ(W杯)を6大会連続で取材した英国人記者のマイケル・チャーチ氏は、先発11人を10点満点で採点。直接の敗因となった連係ミスの守備陣に対し、「許しがたい」「チームに致命傷を与えた」と苦言を呈している。

   ◇   ◇   ◇

GK
大迫敬介(広島) 5点
前半にアブドルラフマン・ガリーブのシュートにファインセーブを披露した。サウジの得点を阻んだが、岡崎との混乱でPKを与えたのは許しがたい。

DF
渡辺 剛(FC東京) 5点
堅実なプレーだったが、前半にガリーブにスペースを与えたシーンは課題。大迫のスーパーセーブに救われた。

岡崎 慎(清水) 5点
中盤とも連動し、落ち着きを見せていたが、彼のミスがサウジアラビアに勝利をもたらした。大迫との意思疎通のミスでPKを与え、日本に致命傷を与えた。

古賀太陽(柏) 5点
守備で冷静さとボール捌きの巧みさを見せた。だが、相手の先制点を許した場面ではどこにも存在しなかった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング