長谷部誠が「自分の力のなさを感じる」点とは? 正念場の2020年、待ち受ける“競争”

苦しい状況に置かれているフランクフルト【写真:Getty Images】
苦しい状況に置かれているフランクフルト【写真:Getty Images】

ブンデス後半戦に向け、ヒュッター監督が4バック導入を検討か

「あの時も連戦の最後で、今と本当に同じ状況というか……、やってても走れないというのがあった。(あの時は)そのままシーズンが終わったので、それから次の新しいシーズンに向けて気持ちを切り替えてという感じでした。今回、休み自体は短いんですけど、ここでもう一度頭と体をフレッシュにして、後半戦をしっかりと戦わないと」

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 実際に今季のブンデスリーガで、来季のEL出場権を狙うどころか、残留争いに巻き込まれているのが現時点におけるフランクフルトの立ち位置だ。後半戦にしても、厳しい戦いが待っていることだろう。そんな時でも、いや、そうした時だからこそ、長谷部は前を向こうとする。

「ヨーロッパリーグでベスト4に行ったりとか、だいぶ昔の話に感じますけど、もちろんいい時があれば……最後、大失速して終わってしまったので、年の最後としてイメージはあまり良くない。自分のサッカー人生で、今までこういう山あり谷ありというのは感じてきた。今、痛感するのはチームがいい時は自分もいいんですよね。逆にチームが良くない時にチームを良くさせるというか、良い方向に持っていくプレーができていないことに自分の力のなさを感じる。

 だから、チームの調子に自分のパフォーマンスが左右されているなと感じているので、そこをもう少し個の力の部分で、僕はDFなので失点のところとか、チームが苦しい時に最後の最後で防ぐような、そういうプレーをもっともっと自分の中で求めていきたいなと思います」

 苦しい時だからこそ、もっと成長できるチャンスだと捉えている。そうした姿勢で、これまでも戦い抜いてきた。

 アディ・ヒュッター監督は、今冬のプレシーズンで4バック導入にも動き出していると報じられている。3バック、4バックともに戦術を浸透させることができれば、相手やチームの状態によって対応できる戦術的な幅は増えるはずだ。

 一方で、4バックが主戦システムになると、長谷部の立ち位置はこれまでのように安泰というわけにはいかないだろう。どの試合でもスタメン起用というわけにはならない。だからといって、それに不平不満を漏らしたりはしない。ポジション争いは望むところ。「4バックにおけるセンターバックか、ボランチの位置でポジション争いをしていく」と長谷部は地元紙に意気込みを語っていたが、起用された試合で信頼に足るパフォーマンスを披露し続けていくことが何よりの答えになるのだ。36歳の誕生日を間近に控えた長谷部の向上心は、いまだに衰えることがない。


(中野吉之伴 / Kichinosuke Nakano)

page1 page2

中野吉之伴

なかの・きちのすけ/1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで、さまざまなレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス取得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、16-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで精力的に活動している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. 「ファンが涙」 イングランド代表のW杯新ユニフォーム、不評デザインに反響拡大「今まで見た中で最悪」

  6. 偶然?故意? J2の珍事が話題…蹴ったボールが審判にヒット→FW退場に賛否「退場やむなし」「審判が感情的に見えた」

  7. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  8. 「奇抜」「威圧感がある」 韓国代表のW杯新ユニフォーム、ホーム&アウェー用デザインに海外注目

  9. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  10. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  1. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  2. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  8. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」