リバプール南野、2020年アジアMVP候補と海外注目 「ソン・フンミンの支配を終わらせるか」

リバプールMF南野拓実とトットナムFWソン・フンミン【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実とトットナムFWソン・フンミン【写真:Getty Images】

名門移籍で注目度上昇、BFA賞を5度受賞しているソン・フンミンの対抗馬に浮上

 “アジア版バロンドール”とも言われるアジア年間最優秀選手賞「ベスト・フットボーラー・イン・アジア(BFA)」の2019年受賞者が3日に発表され、トットナムの韓国代表FWソン・フンミンが受賞した。衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は、今回の受賞に触れながら「リバプールの南野は、2020年にソン・フンミンのBFAの支配を終わらせることができるか」と題して、次のアジア版バロンドールの有力候補として日本代表MF南野拓実(リバプール)の名前を挙げている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 中国紙「タイタン・スポーツ」の主催で13年に創設された“アジア版バロンドール”ことBFA賞。アジア国籍、またはアジア圏でプレーしている選手が対象となり、13年には元日本代表MF本田圭佑(当時CSKAモスクワ)、16年には日本代表FW岡崎慎司(当時レスター)が受賞している。

 そうしたなか、最もこの賞を受賞しているのがソン・フンミンだ。14年、15年、17年、18年と賞を獲得し、19年も圧倒的な支持を集めて3年連続、通算5度目の受賞。現在、アジアで最も勢いに乗る選手と言っていいだろう。

 ただ、この状況にストップをかけるのではないかと、「FOXスポーツ」アジア版に寄稿した英国人記者ジョン・デューデン氏が考えているのが、今冬の移籍市場でザルツブルクからリバプールに加入し、現地時間5日のFAカップ3回戦エバートン戦(1-0)でデビューを果たした南野だ。19年度のBFA賞では日本人最高の3位に入ったが、「すべての材料が揃っている」と記したように、南野がアジア最高の地位を築くソン・フンミンの挑戦者になれるポイントはいくつかあるという。

 まずは「アジアの強豪国の一つである日本代表でプレーしていること」。日本代表として、韓国代表を破る可能性が高いことが、ポイントの一つとして挙げられている。

 そしてソン・フンミンがトットナムに所属するように、南野がリバプールという現UEFAチャンピオンズリーグ(CL)王者に移籍した事実も、大きなポイントになる。これまでは欧州での実績を考えると、ソン・フンミンに太刀打ちできる選手はいなかったが、リバプールで成績を残すことができれば韓国人アタッカーを上回る評価を集めてもおかしくない。記事内でも「もし彼が素早くチームに影響を与え、リバプールの30年ぶりのリーグタイトル獲得を助けることができれば、彼は名門クラブの伝説になるだろう」としており、リバプールでの活躍が立場を逆転させる可能性を持っていると伝えている。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  5. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  6. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  7. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  3. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  4. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  5. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  8. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」