リバプール南野、デビュー戦の現地評価は? 英紙が分析「攻撃の先頭に立ったが…」

リバプールMF南野【写真:AP】
リバプールMF南野【写真:AP】

初陣のダービーマッチで後半25分までプレー「インパクトを残すのに苦悩した」

 リバプールは現地時間5日、FAカップ3回戦でエバートンと対戦し、1-0で勝利を収めた。1月1日付けで加入した日本代表MF南野拓実は移籍後初先発を飾り、本拠地アンフィールドで新天地デビューを果たしたなか、英メディアは「デビュー戦で攻撃の先頭に立ったが、インパクトを残すのに苦悩した」と指摘している。

 昨季UEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇を成し遂げたリバプールは、昨年12月に開催されたFIFAクラブワールドカップで初の“世界一”に輝いた。今季のプレミアリーグでも2位レスターに勝ち点14差をつけて首位を独走。文字通り“黄金期”に突入しているなかで、今冬の移籍第1号として南野が加入した。

 リーグ規定により、2日に行われたプレミアリーグ第21節シェフィールド・ユナイテッド戦(2-0)では出場不可でスタンドから試合を見守ることになったが、伝統的な“マージーサイド・ダービー”に先発でデビューを果たすことになった。

 リバプールは大半の主力を休ませたなか、南野は4-3-3システムの最前線に配置された。ボールに絡めない展開が続いたなか、前半34分には左サイドからのベルギー代表FWディボック・オリギのクロスにジャンピングヘッドを試みるもあと一歩届かず、移籍後初ゴールとはならなかった。

 後半に入っても果敢なハイプレスで献身的なプレーを見せ続けたが、ネットを揺らせぬまま後半25分に途中交代。英紙「デイリー・エクスプレス」は「南野は才能の片鱗を見せたが、ジョーンズがショーを盗み去った」と見出しを打ち、18歳のMFカーティス・ジョーンズが度肝を抜くミドル弾を叩き込んだことで、南野デビューのスポットライトを奪ったと指摘している。

 また、出場選手を10点満点で採点しており、南野には平均点の「6点」と評価。「デビュー戦で攻撃の先頭に立ったが、インパクトを残すのに苦悩した。前半のビッグチャンスを棒に振った」と指摘した。初陣でゴールという結果を手にすることはできなかったものの、リバプールに不可欠な要素であるハードワークはきっちりと提示できたはずだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング