Jリーグ内定選手の苦悩 “重圧”に挑んだ市立船橋エースの涙「みんなにもう何も言えない」

湘南内定のDF畑(左)も奮闘したが及ばず…【写真:Football ZONE web】
湘南内定のDF畑(左)も奮闘したが及ばず…【写真:Football ZONE web】

Jリーグ内定選手に立ちはだかる壁 自己犠牲の「チームプレー」か、圧倒的な「個」か

 Jリーグ内定選手は、どうしてもスポットライトを浴びてしまう存在だ。メディアも大々的に取り上げ、大会の顔として注目が集まる。それ故、対戦相手が真っ先に対策を施す標的になりがちで、過去の選手権でも本領を発揮しきれずに大会を後にするJリーグ内定選手は数多くいた。

 静岡学園の川口修監督も、1回戦で岡山学芸館(岡山)に6-0で勝利した試合後、「相手が松村を徹底マークしてくることは分かっていた」と、鹿島アントラーズへの加入が内定しているエースMF松村優太(3年)が封じ込められたことに触れつつも、「だからこそ、周りが自由に動けて得点を重ねることができた」と、相手の対策を逆手に取る「チームプレー」でゴールラッシュを導いたことを振り返っていた。

 Jリーグ内定者だからこそ、徹底した対策のターゲットにされるのは避けられない。そのなかで囮になることで、自らを犠牲にして「チームプレー」に徹するのか、もしくはその対策を凌駕するほどの圧倒的な「個」を見せつけるのか。大会の主役候補が、与えられた試練とどのように向き合うのかも、選手権の見どころの一つと言えるだろう。

(Football ZONE web編集部・城福達也 / Tatsuya Jofuku)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング