Jリーグ内定選手の苦悩 “重圧”に挑んだ市立船橋エースの涙「みんなにもう何も言えない」

市立船橋FW鈴木唯人【写真:Football ZONE web】
市立船橋FW鈴木唯人【写真:Football ZONE web】

J1清水内定の鈴木は敗戦に号泣 湘南内定の畑も体感した相手の徹底した“対策”

 第98回全国高校サッカー選手権は2日、フクダ電子アリーナで日章学園(宮崎)対市立船橋(千葉)の2回戦が行われ、優勝候補の一角とされていた市立船橋が0-0で突入したPK戦に6-7で敗れ、初戦敗退を喫した。試合後、Jリーグクラブへの加入が内定している選手たちは、選手権で体感した苦悩を明かしている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 J1リーグの清水エスパルスに加入内定のFW鈴木唯人(3年)、湘南ベルマーレに加入内定のDF畑大雅(3年)らを擁する市立船橋は、今大会の優勝候補の一角として初戦に臨んだが、日章学園の牙城を最後まで崩すことができず、0-0で迎えたPK戦に6-7で競り負け、初戦敗退の憂き目に遭った。

 後半にようやくエンジンがかかった市立船橋だったが、前半の低調さを取り戻すには時間が足りず、最後までゴールネットを揺らせなかった。最初の45分間で苦戦を強いられた要因は、日章学園の“対策”にあった。そして、特にそのプランに苦しめられた選手が鈴木と畑だった。

「スカウティングの情報とは異なっていた。思っていた以上に相手の2トップが割れてサイドにプレッシングをかけてきた。前半は特にやりづらさを感じて、自分にボールが入っても、常に1対1の場面を作られてしまっていた」

 右サイドバック(SB)の畑は試合後、そう振り返った。守備時の対人能力に加え、果敢な攻撃参加を武器としており、それが評価される形でプロ入りを勝ち取ったわけだが、この日の前半は攻撃参加が封じられ、後半に入ってから徐々に持ち味を発揮して相手の脅威になったものの、得点シーンを生み出すことはできなかった。

 また背番号「10」を背負う鈴木は試合後、フクダ電子アリーナ内の駐車場で号泣していた。「一番大事な場面で何もできなかった。みんなに『いつも通りやろう』と声をかけていたのに、自分が一番いつも通りじゃなかった」と、溢れ出る涙を止めることができず、「みんなに申し訳ない。自分が一番影響を与える立場だと監督にも言われてきたのに……」と声を絞り出した。

 鈴木は試合を通して、常に2、3人のマークを抱える局面が続き、思うようなプレーを全くと言っていいほどさせてもらえなかった。「チームのみんなにはもう何も言えない」とエースとしての責任を果たせなかったことに肩を落としていたが、落ち着きを取り戻した鈴木は、最後の“責任”を果たすべく、そのままミックスゾーンへと向かって行った。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  9. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」

  10. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】