「4番手以降で連れてきていない」 クロップ監督、南野の起用法を強調「多くのオプションを…」

南野について語ったクロップ監督【写真:Getty Images】
南野について語ったクロップ監督【写真:Getty Images】

指揮官がチームに合流した南野の様子を語る 「ドイツ語が本当にうまい」

 リバプールのユルゲン・クロップ監督が、加入したばかりの日本代表MF南野拓実について語った。現地時間2日に行われるプレミアリーグ第21節シェフィールド・ユナイテッド戦の前日会見の様子を公式サイトが伝え、合流初日の様子や獲得の理由について言及。そのなかで起用法についても触れ、「多くのオプションを持っている」とさまざまなポジションでの起用を試すことを示唆した。

 12月にリバプールへの移籍が決まった南野は、12月31日からチーム練習に合流し、1月1日に正式加入。クラブ公式SNSでは、エジプト代表FWモハメド・サラーやセネガル代表FWサディオ・マネらと一緒に汗を流す姿が公開されている。

 その翌日となる1月1日にクロップ監督がシェフィールド・ユナイテッド戦に向けた前日会見を行なった。今冬の移籍市場では1月1日、2日に加入した選手について第21節の出場が認められておらず、指揮官は「今回での同行は許されていないが、次回からはチームに同行させることを考えている」と、5日に行われるFAカップ3回戦のエバートン戦でメンバー入りさせる可能性を示した。そして、合流後の南野の様子について語っている。

「昨日から合流して軽いトレーニングを行なったが、彼はとても楽しんでいた。サディオ(・マネ)やナビ(・ケイタ)の対応が素晴らしく、ザルツブルクの系譜というかDNAなのだろうか、新加入選手に対して両手を広げて歓迎している。それはとても良いことで彼は驚いたかまでは分からないが、そう感じたことだろう。コミュニケーションについてはとても良いので英語も全く問題ないし、ドイツ語が本当にうまい。チームで話せるのは私だけだが、私とは話すことができる。昨日は少しだけ話した。今は慣れることが重要だからね」

 ギニア代表MFナビ・ケイタやマネといったザルツブルク出身の選手を中心にコミュニケーションを取っていた南野。オーストリアで6季過ごし、クロップ監督と意思疎通するうえでのドイツ語については問題ないようだが、まずは仲間と英語でのコミュニケーションに慣れる重要性を説いた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング