南野拓実、リバプール到着にファン興奮 指揮官との“会話”にも注目「ドイツ語が流暢だから…」

1月1日付でリバプールに正式加入したMF南野拓実【写真:Getty Images】
1月1日付でリバプールに正式加入したMF南野拓実【写真:Getty Images】

現地到着の様子をクラブが公開 クロップ監督とのドイツ語会話に安堵の声も

 日本代表MF南野拓実は、今冬の移籍市場でレッドブル・ザルツブルクからリバプールへの完全移籍加入が決定している。年が明けて1月1日付での正式加入を控え、リバプールに到着。クラブ公式ツイッターはその様子を動画で公開し、ファンからの反響を呼んでいる。

 2014年からオーストリアの強豪ザルツブルクで活躍してきた南野は、今季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)でリバプール相手にゴールを決めるなど、印象的なパフォーマンスを披露。欧州王者リバプールに認められ、移籍市場がオープンする前の2019年12月19日に完全移籍が発表された。

 正式な加入を翌日に控えた現地時間12月31日、リバプール公式ツイッターは「南野拓実にとってメルウッドでの最初の1日」と綴って1本の動画を投稿。そこには南野がリバプールのクラブハウスに到着する様子が収められていた。

 動画は南野がリバプールのクラブハウスであるメルウッドに到着するところからスタートし、クラブハウス内でセネガル代表FWサディオ・マネに「ようこそ。会えて嬉しいよ」と声を掛けられて抱擁するシーンを始め、スイス代表MFジェルダン・シャキリ、イングランド代表MFアレックス・オックスレイド=チェンバレンら選手たちとの出会いが続く。ロッカールームではギニア代表MFナビ・ケイタとマネの間が与えられた。そして、最後には食堂でユルゲン・クロップ監督と固く握手を交わし、ドイツ語で会話するところで動画は終了した。

 返信欄では新加入選手に興奮するリバプールのファンのコメントが殺到。「興奮が抑え切れない!」「リバプールのサムライだ」と歓喜する声に加え、「ミナミノとクロップがドイツ語で話しているね」「ドイツ語が流暢だから、クロップの要求も完全に理解できそうだ」とクロップ監督との会話に注目するコメントも寄せられている。

 この後には最初のトレーニングにも臨み、新天地での第一歩を踏み出した南野。最速のデビューは5日のFAカップ3回戦エバートン戦とされており、現地でもその活躍に期待が高まっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング