トッテナム、人種差別問題で“緊急声明”発表 被害のチェルシーDF「公の場で話すことは重要」

人種差別で被害を受けたチェルシーDFアントニオ・リュディガー【写真:Getty Images】
人種差別で被害を受けたチェルシーDFアントニオ・リュディガー【写真:Getty Images】

トッテナムサポーターからチェルシーDFリュディガーへ クラブは「調査を行っている」

 ヒートアップした一戦の中で悲劇が起こった。現地時間22日に行われたプレミアリーグ第18節のトットナム対チェルシー(0-2)で、チェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが相手サポーターから人種差別被害を受けたことが物議を醸している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 トットナム・ホットスパー・スタジアムで行われたロンドンダービーはトットナムのジョゼ・モウリーニョ監督とチェルシーのフランク・ランパード監督の師弟対決に注目が集まったが、終わってみれば後味の悪さが残る結果となった。

 試合は前半12分にショートコーナーからブラジル代表MFウィリアンがドリブルで持ち込み、右足のミドルシュートをゴール右隅に突き刺してアウェーのチェルシーが先制。さらにチェルシーは同アディショナルタイムにトットナムGKパウロ・ガッサニーガのファールでPKを獲得。これもウィリアンが決めてリードを広げた。

 後半にはトットナムの韓国代表DFソン・フンミンが退場処分に。ソン・フンミンはリュディガーと競り合って倒れた際に、相手の腹のあたりを蹴り上げるような危険な行為をしてしまい、VARで確認の末にレッドカードが提示された。スパーズファンからはブーイングが鳴り響き、チェルシーGKケパ・アリサバラガに対してスタンドから飲み物の入った容器が投げ入れられるなど、重苦しい雰囲気となった。

 こうした騒動のなか、スタンドのトットナムサポーターからは黒人選手のリュディガーに対する人種差別的な発言も行なわれていた疑惑も浮上し、波紋を呼んでいる。リュディガーは試合後にツイッターを更新し、「フットボールの試合でまた人種差別があった。これは本当に悲しいことだが、公の場で話すことは非常に重要なこと。そうしなければ、また数日後には忘れられてしまう」などと投稿し、世界中に向けて発信した。

 この件についてはトットナムも声明を発表。「チェルシーとその選手からの情報収集を含め、徹底的な調査を行っている」とし、「人種差別はいかなる形でも許容することはできず、スタジアムでは認められません。 私たちはこのことを非常に重く受け止め、そのような言動をしていることが判明した個人に対し、スタジアムへの入場禁止を含め、可能な限りの措置を講じます」と問題解決に全力で取り組む姿勢を示した。

 黒人選手が多くプレーするイングランドのプレミアリーグやイタリアのセリエAではスタジアムでの人種差別行為が頻発しており、サッカー界でも大きな問題となっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」