マジョルカ久保建英、“疑惑判定”で審判に猛抗議 地元紙も指摘「緊張感が漂う瞬間」

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

VARでマジョルカの同点ゴールが取り消された一方、セビージャにPK判定

 マジョルカは現地時間21日、リーガ・エスパニョーラ第18節でセビージャと対戦し、ホームで0-2の敗戦を喫した。先発フル出場の日本代表MF久保建英は決定機を演出するなど存在感を示した一方、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定で覆った“疑惑判定”に猛抗議する一幕もあり、スペイン紙は「緊張感が漂う瞬間だった」と指摘している。

 バルセロナ、レアル・マドリードに次ぎ、リーグ3位につける強豪セビージャをホームに迎えたマジョルカだが、前半20分にセットプレーから相手DFジエゴ・カルロスに先制点を献上した。

 それでも同43分、反撃に出たマジョルカは左サイドのDFルーマー・アグベニューがグラウンダーのクロスを送り、FWラゴ・ジュニオールがターンしながらわずかにタッチして流れたボールをFWアンテ・ブディミルが流し込んだ。ところがその直後、VARが介入してプレーを検証。ラゴ・ジュニオールが触った時点でプディミルの体がわずかにオフサイドラインを出ていると判断され、結局ゴールは無効となっている。

 疑惑の判定を受けて、前半終了直後には久保、ラゴ・ジュニオール、ブディミルらが主審ら審判団に詰め寄って猛抗議したが判定は覆らなかった。

 後半に入ってもマジョルカにとって厳しい判定が続く。同17分、MFイドリス・ババがエリア内でセビージャの選手の足を踏みつけ、一度プレーは流された。しかし直後にVARが介入し、一転してPK判定。これをセビージャMFエベル・バネガに決められ、0-2でマジョルカは敗れた。

 マジョルカ電子紙「mallorcadiario」は「VARが試合の主役となった。ギル・マンザーノ主審はマジョルカのゴールを無効とし、セビージャにPKを与えた」と指摘。とりわけプディミルのゴールが取り消された場面について「マジョルカの選手やスタッフ、サポーターたちが猛抗議し、緊張感が漂う瞬間だった」と伝えている。

 マジョルカにとってはVARに泣く一戦となってしまったようだ。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング