香川&岡崎、ラフな私服姿の“アラゴントーク”舞台裏告白 「何回取り直したやろ。笑」

アラゴンダービーを控えるサラゴサMF香川とウエスカFW岡崎【写真:Getty Images】
アラゴンダービーを控えるサラゴサMF香川とウエスカFW岡崎【写真:Getty Images】

22日に控えるアラゴンダービーについて、ホームの岡崎は「負けられへん」と闘志

 日本代表MF香川真司の所属するサラゴサと同FW岡崎慎司の所属するウエスカは、現地時間22日にスペイン2部リーグ第21節で対戦する。アラゴン州を拠点とするクラブ同士のダービーマッチとなるが、「アラゴンPR最終章」の動画で語り合った際の“裏話”を2人が明かしている。

 日本代表で長年共闘した香川と岡崎は、今季からスペイン2部に戦いの舞台を移した。ここまでリーグ戦20試合を消化しているなか、香川は16試合2ゴール、岡崎は17試合3ゴールの結果を残すなど鎬を削っている。また同リーグでは、デポルティボで日本代表MF柴崎岳、エストレマドゥーラでU-22日本代表GK山口瑠伊もプレーしており、日本人選手に対する注目度も高まっている。

 サラゴサとウエスカは同じ州に本拠地を構えており、先日アラゴン州観光サイト「Turismo de Aragón」の公式YouTubeチャンネルでは香川と岡崎の探索動画を公開。日本人コンビがそれぞれ私服姿で街中を歩き回り、充実の時間を過ごしている様子が紹介された。

 同シリーズの最終章の動画が、ウエスカ日本語版公式ツイッターで公開。1分47秒の映像では、香川と岡崎がアラゴン州の魅力などについて語り合っている。

 22日には“アラゴンダービー”が控えており、香川は「アウェーやけど俺らは順位もライバル(サラゴサが3位。勝ち点1差でウエスカが5位)やし、たぶん勝たなきゃいけない試合。まあ強いと思うけど、ウエスカホームで」と言及。岡崎も「ホームは負けられへんからね。どっちが勝つか」と闘志を燃やしている。最後には「お互い頑張ろう」「いい試合をしよう」と健闘を誓い合って別れた。

 岡崎はウエスカの投稿を引用する形で、「何回取り直したやろ。笑」と冗談交じりに告白。これには香川も「岡ちゃんと面と向かったら笑わない訳がない!」と仲の良い者同士の絶妙な掛け合いを見せている。果たして、アラゴンダービーではどちらが勝利を手にすることになるのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング