ミラン、イブラヒモビッチ獲得の交渉が停滞 契約期間の“食い違い”が原因と伊紙が指摘

年内でLAギャラクシーとの契約が満了となるFWズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】
年内でLAギャラクシーとの契約が満了となるFWズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】

オプション付きの半年契約を提示するミランに対し、1年半契約を望むイブラは不快感

 冬の移籍市場で元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを獲得することが濃厚とされてきたセリエAの名門ACミランは、ここに来て交渉が停滞している。イタリア紙「トゥット・スポルト」によれば、その原因は契約期間に関する食い違いにあるという。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 イブラヒモビッチは年内で米MLS(メジャーリーグ・サッカー)のLAギャラクシーとの契約が満了。冬の移籍市場のタイミングでゼロ円移籍が可能だ。現在リーグ戦で苦しんでいるミランは、かつてエースとして活躍したイブラヒモビッチの獲得を望み、その交渉は順調だとされてきた。

 しかし、ここにきてナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が代理人のミノ・ライオラ氏に金銭条件を問い合わせるなど、他クラブの入り込む余地が生まれている。その背景には、イブラヒモビッチがミランの条件に納得していないことがあるようだ。

 ミランの提示は「半年契約+1年間の延長オプション」とされるが、イブラヒモビッチは保証された1年半契約を望み、半年間で“試される”ことに不快感を示しているという。

 記事では、「ここから先はミランが頑張らなければいけないタイミング」だとして、イブラヒモビッチを納得させるための条件を提示させる勇気が必要だと主張している。

 契約期間に慎重になるミランは、38歳となったカリスマストライカーを切り札として手中に収められるのか。情勢は混沌としているようだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」