中国代表DFが衝撃の“カンフーキック” 橋岡の後頭部を直撃…“危険プレー”も警告止まり

A代表デビューのMF橋岡【写真:Football ZONE web】
A代表デビューのMF橋岡【写真:Football ZONE web】

鈴木のゴールで日本が先制後、中国代表DFが危険すぎる“飛び蹴り”

 日本代表は10日、韓国・釜山で開幕したE-1選手権の初戦で中国と対戦。前半29分にFW鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)の代表初ゴールで先制した直後、A代表デビューのMF橋岡大樹(浦和レッズ)が中国代表DFから飛び蹴りのラフプレーに遭い、ピッチに倒れるシーンがあった。

 森保一監督が率いる日本は、今大会に国内組のみのメンバー、23人中14人が22歳以下の東京五輪世代の選手とフレッシュな顔ぶれで臨んでいる。初陣となった中国戦では、3-4-2-1システムを採用。これがA代表デビュー戦となった橋岡は、右ウイングバックとしてスタメン出場した。

 そんな橋岡にあわやのシーンが起きたのは、前半31分だった。日本は同29分にFW上田綺世、MF森島司とつなぎ、華麗な連係から最後は鈴木が6試合目でA代表初ゴール。さらに攻勢を仕掛けようとするなか、橋岡が右サイドのタッチライン際でロングボールを受けようとすると、後方から中国代表DFジャン・ジーポンが一気に距離を詰め、ジャンプしながら左足を大きく振り上げる。するとこの足が橋岡の首元と後頭部を直撃し、そのままピッチに倒れ込んだ。

 主審はすぐさまイエローカードを提示したが、もう少し勢いがついていればスパイクの裏で後頭部をより強打したかもしれない危険なプレー。一発退場でもおかしくない“カンフーキック”とも言うべきラフプレーに対し、森保監督も抗議をしたが判定は覆らなかった。幸いにも橋岡は立ち上がりそのままプレーを続けたが、あまりにも危険なシーンだった。

【CL開幕!登録初月無料!】2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ・ヨーロッパリーグもDAZNが独占配信!

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング