長谷川監督の“証言”から紐解く FC東京がクラブ史上初の栄冠に届かなかった理由とは?

J1制覇まであと一歩届かなかったFC東京の長谷川健太監督【写真:荒川祐史】
J1制覇まであと一歩届かなかったFC東京の長谷川健太監督【写真:荒川祐史】

シーズン22節で首位に立つも2位に終わったFC東京 「次はシャーレを」

 FC東京は7日、J1最終節で迎えた首位横浜F・マリノスとの直接対決に0-3で敗れ、リーグ初優勝を逃した。頂点には4点差以上の勝利が必要となった一戦で、真っ向勝負を挑んだが、エースFWディエゴ・オリヴェイラを負傷で欠き、ゴールが遠かった。過去最高の2位で終わったが、今季は全34節で22回首位に立っていたFC東京。就任2年目の長谷川健太監督の下、栄冠に届かなかった理由を“証言”とともに紐解いていく。

 あと1歩。あと1勝……。優勝にほんの少しだけ届かなかった。アディショナルタイムの表示は6分。最後の1秒まで諦めずに戦い続けたFC東京イレブンだったが、無情にも試合終了のホイッスルが鳴り響いた。ピッチに倒れ込む選手たち。頂点に立つには4点差以上の勝利が必要だったが、無得点に終わった。長谷川監督は選手を称え、ベンチで温かく出迎えた。

「こういう最高の舞台で、選手たちは最後まで気持ちを出して戦ってくれた。『まずは1点』という話をして試合に臨んだが、まずは1点という1点がなかなか遠い試合になってしまった。ただ、後半難しい状況になっても戦う姿勢を全面的に出してくれた選手たちには、こういう気持ちで戦えば次につながっていくと思いましたし、必ず来シーズンはつなげていかなければいけない。東京もてっぺんを取るために、来シーズンはまたやらなければいけないという気持ちにさせられました。次はシャーレを掲げられるようにみんなで戦っていきたい」

 最後の最後で首位に立てなかった。この日、敵地まで駆け付けたFC東京サポーターは90分間1度も応援歌を途切れさせることはなかった。長谷川監督が「1位の数だと一番だと思う。ただ最後に一番にならないと当然何も得ることができない」と言うように、今季は22度首位に立った。4月19日の第8節サンフレッチェ広島戦(1-0)から9月29日の第27節松本山雅戦(0-0)までは1位を守り続け、10月5日の第28節サガン鳥栖戦に1-2で敗れて首位から陥落した。

 “分岐点”はやはり9月だった。列島が熱狂したラグビーワールドカップ開催の影響で、8月24日の第24節北海道コンサドーレ札幌戦(1-1)からアウェー8連戦が始まった。1位で始まった“地獄ロード”は4勝2分2敗。“地獄ロード”でも成績は良く、結局、首位を守ってホームに帰還したが、この「2敗」が与えるダメージは大きかった。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング