インテルCEO、リーグ優勝は「難しい」と予想 古巣ユーベを警戒「彼らは今季も…」

インテルのジュゼッペ・マロッタCEO【写真:Getty Images】
インテルのジュゼッペ・マロッタCEO【写真:Getty Images】

14試合を終えて首位に立つものの、ユベントスとの戦力差を憂慮か

 イタリア・セリエAの今季は9連覇を狙うユベントスと、アントニオ・コンテ監督が就任したインテルが首位を争い熾烈なマッチレースを展開しているが、インテルのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)は「今季の優勝は難しい」と、意外な言葉を口にしている。イタリアのサッカー専門メディア「カルチョメルカート・コム」が報じた。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 マロッタ氏は昨年12月に、ユベントスの強化責任者からインテルに移った。インテルに欠けていた規律をクラブ内に持ち込むことが期待されたCEOは、これまでのところはその手腕を正当に発揮していると言える。そして、リーグ14試合を消化した時点で勝ち点37を稼ぎ出し、2位のユベントスとは1ポイント差の争いを続けている。

 しかし、マロッタ氏は今季の優勝には難しいと思える要素があるとして、厳しい見通しを示した。

「私たちは、まだリーグの14試合まで来たに過ぎない。今季の時点でリーグ優勝を勝ち取るのは難しいだろう。ユベントスには2チーム分の強烈な戦力がある。彼らは今季もうまくやって優勝を持っていくだろう。何にせよ、私たちはコンテ監督の就任による影響がこれほど早く発揮されるとは期待していなかった」

 マロッタ氏は、ユベントス時代にタッグを組んだコンテ監督を招聘した効果が初年度の前半戦から現れるのは望外の結果であることを強調した。そして、選手層に関してはコンテ監督が中盤から前線にかけての人数不足を嘆いているほど。シーズンが後半に入ってくれば、その差が出てしまうと見越しているようだ。

 もちろん、マロッタ氏はユベントス時代にも天文学的な金額を投資することなくクラブを的確に強化してきた手腕の持ち主でもある。仮に今季の時点で優勝に手が届かなかったとしても、名門の優勝争いを現実に争うレベルまでの復活という意味では、すでに道筋がついている。

 その言葉は本音か、それとも現場をプレッシャーにさらさないための戦略かは分からないが、少なくとも最初の段階は成功しているという手応えがあるようだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. ブラジル代表、新ユニフォームを正式発表 ヒョウ柄デザインの1着に海外賛否 「最悪のシャツ」「美しい」

  3. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  4. 「めっちゃカッコイイ」 なでしこ菅澤優衣香、こだわりの“オールブラック”高級SUV納車報告に反響「センス抜群」

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. 「恐ろしい」 ブラジル代表、流出した新ユニフォームヒョウ柄デザインが「醜い」と母国メディアでも不評

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. J1リーグの“30mオウンゴール”に海外メディア脚光 「サッカー界で最も美しい1つ」

  9. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  10. J1で主審交代の珍事、横浜FMの主将MF喜田拓也が“異変発見”で交代要求に驚き「すごい」 元Jリーガーも人間性を絶賛

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  7. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  8. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」