「ユベントス10番の魔法の瞬間」 “ありえない角度”からのFK弾に海外賛辞「ワンダフル」

FKを直接決めたユベントスFWディバラ【写真:Getty Images】
FKを直接決めたユベントスFWディバラ【写真:Getty Images】

ディバラがCLアトレティコ戦で華麗な決勝FK弾を叩き込む

 ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、現地時間26日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)第5節のアトレティコ・マドリード戦でほぼ角度のない位置から鮮烈な直接FKを決めた。1-0での勝利に導いたその活躍を、スペイン紙「マルカ」も「ディバラの輝きがアトレティコをダウンさせた」と報じている。

 強豪同士の激突となったこの試合で、違いを見せたのはアルゼンチン代表のレフティーだった。

 0-0で迎えた前半アディショナルタイム、ユベントスは右サイドで仕掛けたウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクールが倒され、ペナルティーエリアのわずかに外で直接FKを獲得した。ゴールライン際のほぼ角度のない位置でのセットプレーとなり、ゴール前へのクロスが予想される場面。キッカーのディバラは隣に並んだMFミラレム・ピアニッチと言葉を交わした後に助走に入ると、短い助走から左足を強振。ボールは鋭く曲がりながら壁に入った相手選手の肩口を抜けると、名手GKヤン・オブラクの守るゴールのニアサイドを打ち破ってゴールネットを揺らした。

 この鮮烈な一撃に、スタジアムからも「ディバラコール」が湧き上がった。DAZN公式ツイッターも「ディバラがありえない角度からFKを沈めた」と、予想外の一撃として動画付きで紹介している。

 この得点が決勝点となり、ユベントスは1-0でアトレティコを下した。スペイン紙「マルカ」は、「ディバラの輝きがアトレティコをダウンさせた」と報じ、「ワンダフルなFK」「ユベントス10番の魔法の瞬間」とディバラへの賛辞を並べていた。

 勝ち点3を上積みしたユベントスは1試合を残してグループD首位を確定させ、CL決勝トーナメント進出を決めた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング