「魔法のスキルを生み出した」 トッテナム司令塔の“倒れながらのフリックパス”の反響拡大 

トットナムMFデレ・アリのプレーが反響拡大【写真:Getty Images】
トットナムMFデレ・アリのプレーが反響拡大【写真:Getty Images】

モウリーニョ新体制は勝利でスタート デレ・アリがゴールの起点となるプレーを披露

 トットナムは現地時間23日、プレミアリーグ第13節でウェストハムと対戦し、敵地で3-2と勝利を収めた。新指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督にとって初陣となったが、イングランド代表MFデレ・アリが披露した“倒れながらのテクニック”の反響が拡大している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 19日にマウリシオ・ポチェッティーノ監督を解任したトットナムは、20日にモウリーニョ監督を招聘。3日後に初戦を迎えることになったが、前半36分、ペナルティーエリア左でスルーパスを受けた韓国代表FWソン・フンミンが左足を振り抜き、先制点の奪取に成功する。

 そして、0-1で迎えた前半43分、デレ・アリが驚きのプレーで追加点の起点となる。左サイドのスペースに抜け出したアリだったが、ややパスがずれてしまったため、ボールを受けた際にバランスを崩してピッチに転倒してしまう。

 しかし、ギリギリのところでボールがタッチライン際に残っていることを確認すると、倒れたまま右足のフリックパスをソン・フンミンに渡し、その流れからのクロスをFWルーカス・モウラが押し込んで追加点を奪った。

 アリの得点に直結したプレーに多くの海外メディアが取り上げていたが、英メディア「GIVE ME SPORT」も「モウラのゴール直前にアリが魔法のスキルを炸裂」と見出しを打って注目。「アリが追加点の起点となる魔法のスキルを生み出した」と綴っている。

 最近は調子を落とし先発から外れる機会が増えていたアリだが、「もしモウリーニョがアリのベストを取り戻すことができたら、それはトットナムにとってもイングランド代表にとっても有益なことだ」と指摘。モウリーニョ新体制が躍進を遂げる上で、司令塔を務めるアリの復活は大きな鍵を握ることになりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング