森保ジャパン、ベネズエラ戦で先発“半分”入れ替えへ 「キルギス戦を戦った選手が軸」

会見に出席した森保監督【写真:Football ZONE web】
会見に出席した森保監督【写真:Football ZONE web】

ベネズエラ戦に向けた公式会見に出席

 日本代表の森保一監督は18日、大阪府吹田市内で国際親善試合ベネズエラ戦(19日/パナソニックスタジアム吹田)に向けた公式会見を行った。今回は、14日に臨んだ敵地のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選キルギス戦(2-0)で起用した主力のMF南野拓実(ザルツブルク)やDF吉田麻也(サウサンプトン)ら一部欧州組を招集せず。Jリーグから4人の初選出メンバーを含む9人が参加して、年内の国内最終戦に臨む。

 先発について、森保監督はキルギスからの長距離移動による疲労を考慮しながらも、「まずは基本的にはキルギス戦を戦った選手たちを軸に明日のメンバーを考えていきたい」と明言。キルギス戦を先発したGK権田修一(ポルティモネンセ)、DF植田直通(セルクル・ブルージュ)、MF柴崎岳(デポルティボ)、MF原口元気(ハノーファー)、FW永井謙佑(FC東京)が大阪まで同行。5人が先発すると、6人は入れ替わることとなり、出場機会の少ない選手との融合を図ることとなる。

 またシステムは引き続き4バックを採用することも明かした。「基本的には4バックのシステムをスタートで使いながら、試合の途中どうしたいか考えたい」。試合の流れによっては3バックへの変更する可能性もある。

 MF古橋亨梧(ヴィッセル神戸)ら新戦力についても言及。「まずは選手たちにはスペシャルな特徴があると思いますし、強みを持った選手たちの集まりなのでまずは自分のいいところを思い切り発揮してもらえたら」。森保ジャパンの底上げを目指す“テストマッチ”となりそうだ。

(Football ZONE web編集部・小杉 舞 / Mai Kosugi)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング