バルサB安部裕葵、移籍後“初ゴール”ゲット スペイン地元紙も「待望」の一撃を紹介

バルセロナBの安部裕葵が移籍後初ゴール!【写真:Getty Images】
バルセロナBの安部裕葵が移籍後初ゴール!【写真:Getty Images】

第13節コルネージャ戦の前半22分、こぼれ球を押し込みバルサB初ゴール

 バルセロナBに所属するMF安部裕葵は現地時間17日に行われたセグンダB(3部相当)第13節コルネージャ戦(3-3)で先発出場し、移籍後初ゴールをゲットした。記念すべき初ゴールについて地元紙「ムンド・デポルティーボ」も取り上げられている。

 安部にとって歓喜の瞬間が訪れたのは、1-0のリードで迎えた前半22分のことだった。MFリキ・プイグの後方からのフィードに対してFWカルラス・ペレスと安部が反応。相手マーカー3人を背負いながらペレスがボールコントロールしシュートを放つ。これを一度は相手GKに弾かれたものの、こぼれたボールは必死のスプリントを見せた安部のもとへ。身体ごと投げだすスライディングシュートで、ゴールネットを揺らした。

 ゴールが決まるや否やコーナーフラッグの方へ走り、両手を広げて喜びをあらわにした安部。同紙は「Bチームの開始30分間は素晴らしい出来だった。カルラス・ペレスとヒロキ・アベのゴールがあったが、コルネージャの力強い反撃にあった」と3-3のドローに終わった試合を振り返るとともに、安部の2点目についてこう記している。

「リキからのペレスへの素晴らしいパス。ペレスのシュートは防がれたものの、それはヒロキ・アベにチャンスを与えることになった。そして日本人アタッカーにとって待望の初ゴールとなった」

 安部は先週のミッドウィークに行われたチャリティーマッチでトップチームに初招集され、非公式戦ながらトップチームでのプレーも初めて経験した。順調に出場機会を得ている日本人アタッカーには、現地でも徐々に注目が集まっているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング