“守護神”権田、「ゼロ距離のセービング」にAFCも注目 「キルギスは最高の得点機会を…」

日本代表GK権田修一【写真:Getty Images】
日本代表GK権田修一【写真:Getty Images】

ピンチ立て続くもGK権田がファインセーブ連発 日本はキルギスに2-0勝利

 日本代表は現地時間14日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選第4節でキルギス代表と対戦し、敵地で2-0と勝利を収めた。AFC公式サイトは権田が披露した好パフォーマンスに注目し、「キルギスは権田によるゼロ距離のセービングによって機会を逸することになった」と取り上げている。

 ピッチ状況が劣悪な環境で迎えたアウェー戦、日本はなかなかチャンスを生み出せない展開が続いていたが、前半41分、スルーパスに抜け出した日本代表MF南野拓実(ザルツブルク)がペナルティーエリア内で転倒し、PKを獲得。これを自ら決め切り、リードしてハーフタイムを迎えた。

 1-0で迎えた後半8分、ペナルティーエリア手前でFKを獲得すると、キッカーを務めた日本代表MF原口元気(ハノーファー)が鮮烈なコントロールショットをゴール左隅に突き刺し、追加点を奪った。試合はそのまま終了し、日本はアジア2次予選で4戦全勝を達成している。

 AFC公式サイトは守護神を務めた権田のパフォーマンスに注目。前半16分、ゴール前のピンチを権田が的確に弾き出すと、同32分にも決定機を許すが、ファインセーブで難を逃れた。さらに、後半23分にゴール前で枠を捉える強烈なシュートを打たれるも、再び権田が見事なセービングで窮地を救っていた。

 記事では「キルギスは最高の得点機会を生み出したものの、権田によるゼロ距離のセービングによって機会を逸することになった」と説明している。所属するポルティモネンセでは出場機会の確保に苦しんでいる権田だが、日本代表のゴールマウスでは守護神ぶりを見せつけていた。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング