「簡単ではなかった」 “ターゲット”にされた長友、サイドの対応に手を焼いた真相は?

「まずは絞ってシャドーの選手に対するポジションを取らないといけなかった」

「今日は僕がウイングバックにつくこともできたんですけど、シャドーの選手が間を狙っていたので、僕が危ないところを消さないといけない。まずは絞ってシャドーの選手に対するポジションを取らないといけなかったので、サイドチェンジは出てから行くしかない。入ってから1対1をするしかないと。左のセンターバックから良いボールが入ってくるので、そこは難しいところでしたね。僕が中の選手を捨てて張りつけばそれはなかったかもしれないけど、そこでシャドーに僕と(吉田)麻也の間に走られてそのままゴールに行かれるほうが嫌ですからね」

 “簡単ではない”と振り返った試合を結果的に無失点で抑えたとはいえ、長友は「反省はチャンスをたくさん作られたことですね」としっかりと現実を見つめた。2次予選、最終予選と相手が強くなるにつれて、キルギスが欠いたフィニッシュ精度は高くなっていく。MF中島翔哉(ポルト)と長友が主力を務める左サイドも今後対策が必要になりそうだ。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング