長谷部誠が「鉄人」である理由 バイエルン戦“欠場”に見たプロ意識の高さと監督の信頼

フランクフルトで同僚の2人【写真:Getty Images】
フランクフルトで同僚の2人【写真:Getty Images】

体から発せられるサインに敏感に反応 「自分にしか分からない部分がある」

 長谷部はドイツで、どこまでも信頼されている。そういえば、日本代表MF鎌田大地が、ELのスタンダール・リエージュ戦後にこんな話をしていた。

「嘘でしょうけど、23(歳)の頃は疲れたことがなかったって、僕にはずっと言ってきて。そんなわけは絶対ない」

 その時は笑った。でも、本当にそうなのかもしれない。そのくらい長谷部は、自身のコンディション調整に気を配り続けている。

 DFBポカールのザンクト・パウリ戦後に、長谷部は負傷者が続出しているチーム事情について、「怪我をしないっていうのも、選手としての一つの評価」との見解を示していた。怪我をしないように気をつけることも好選手の条件――。そのとおりだ。だからこそ、体から発せられるサインを敏感に読み取り、休みが必要な時はスパッと休む。

「昨シーズン、12月に連戦をやってて少し小さな筋肉系の怪我をした時があって、それをするというのはまた、より長い離脱になってしまう。自分の体のフィーリングは自分にしか分からない部分があるので、それは正直に監督にも話している。そういうのはオープンに、監督にすべて言える環境だとは思います」

 7日のELスタンダール戦に長谷部はフル出場も、チームは1-2と敗戦。今季好調のフライブルクと対戦する10日のアウェーゲームで勝利を手にし、代表中断期間でしばしの休息といきたいところだ。

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング