堂安&久保が参戦…U-22日本代表「ベスト布陣」 東京五輪へ向けたサバイバルの構図は?

U-22日本代表の左上からMF三好、堂安、FW上田、MF中山、久保、DF板倉【写真:Getty Images】
U-22日本代表の左上からMF三好、堂安、FW上田、MF中山、久保、DF板倉【写真:Getty Images】

U-22コロンビア代表戦に向けて22名を招集 堂安は森保監督就任以降の年代別代表に初招集

 日本サッカー協会は5日、17日に行われるキリンチャレンジカップのU-22コロンビア代表戦(広島)に挑むU-22日本代表メンバー22名を発表。東京五輪まで残り9カ月を切ったなか、初の国内で行われる親善試合には、この世代の常連メンバーに加え、直近の代表活動でA代表に参加していたMF久保建英(マジョルカ)やMF堂安律(PSV)も招集された。

 来年の東京五輪を目指すU-22日本代表の指揮官を務める森保一監督は、初めてとなる国内での試合に向けて「現時点でのU-22日本代表のベストメンバーだと思っている。東京五輪に向けて最善の準備をしていくとともに、これまでの活動をお披露目する機会だと思っている」と語り、コロンビア戦を行う意義を説明している。

 今回の注目は、これまでで初めてベストメンバーを組めたことだ。もちろんDF冨安健洋(ボローニャ)のように怪我などで呼べなかった選手はいるが、A代表組の久保や堂安、MF板倉滉(フローニンゲン)がメンバー入り。遠征をこなすごとに評価を上げているMF田中碧(川崎フロンターレ)や、先月のU-22ブラジル代表戦に出場したMF食野亮太郎(ハーツ)やMF菅原由勢(AZ)など、多彩な顔ぶれとの融合を目指す。また堂安に至っては森保監督就任以降の五輪世代に初招集とあって、彼が入った形をついに試す時がやってきたと言えるだろう。

 U-22代表は時にシステム変更をすることはあるが、一貫してベースは3-4-2-1のシステムで戦ってきている。ここではコロンビア戦に挑むメンバー22人が、どのような形で起用される可能性があるかを占った。

【GK&DF】
 GK2人は、先月のブラジル遠征に招集されていたGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)とGK谷晃生(ガンバ大阪)の2人。コパ・アメリカでの経験や9月の北中米遠征、ブラジル遠征でプレーした実績を考えても大迫が“一番手”になることは間違いなく、“ホーム”である広島でどんなプレーを見せるか注目だ。

 3バックが予想される最終ラインは、今回DF登録となっている板倉を左のセンターバック(CB)に据え、真ん中にDF立田悠悟(清水エスパルス)、右にDF岩田智輝(大分トリニータ)が入る布陣が有力か。特に右のCBは競争が激しく、U-22ブラジル代表戦でプレーしたDF渡辺剛(FC東京)やコパ・アメリカ組のDF原輝綺(サガン鳥栖)が鎬を削ることになりそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング